お役立ちガイド

医療的ニーズが高い人でも利用できる!短期入所療養介護ってどんなサービス?

自宅で最期まで看取りたいと日々介護を頑張っている人でも、ときにはゆっくりと体を休めたいものです。しかしながら介護を放棄することもできませんから、なかなかゆっくりと羽を伸ばすというわけにいかないのも事実でしょう。そんな人にとって心強い味方となるのが、短期入所生活介護や短期入所療養介護といった、短期入所型サービスです。今回はその中でも短期入所療養介護について、見ていくことにしましょう。

短期入所療養介護はどんなサービス?

短期入所療養介護は、医療的なケアや機能訓練の必要性が高い人を主な対象として、老人保健施設や医療機関が行っているサービスのことです。また先述した通り、家族の介護負担の軽減も利用の主な目的のひとつです。利用者は一定期間、病院や老人保健施設に入所し、そこで生活を送ります。その間に必要な医療的な処置であったり、リハビリテーションであったりを集中的に行うことで、再度自宅に戻ったときに利用前よりも上向いた状態になっていることが期待できます。

短期入所療養介護を語る上では、短期入所生活介護(ショートステイ)との違いの説明が欠かせません。名前を見てもらえば分かる通り、片方は「療養」に重点をおき、もう一方は「生活」に比重があります。そのため、前者はリハビリや医療的なケアに秀でているのに対し、後者は生活の質(QOL)の向上や認知症ケアに長じています。

実際に利用するにあたっては、どちらも利用希望者が多く空きがあるほうを使うということになるかもしれませんが、こうした違いがあることは知っておくとよいでしょう。またサービスを提供する主体も異なります。短期入所療養介護の場合は病院や老人保健施設が提供者であり、もう一方の短期入所生活介護の場合は特別養護老人ホームが主な提供者です(その他にもショートステイ単独で運営しているケースもあります)。

こうしたサービスを上手に利用することで、利用者本人の状態の改善が見込めるだけでなく、家族のリフレッシュにもなって、また新たな気持ちで介護ができるという相乗効果が期待できます。

短期入所療養介護ではどのようなサービスが提供されるのか

短期入所療養介護では主に医師や看護師のような医療職、それに理学療法士や作業療法士といったリハビリ専門職が主なサービスの提供者といえるでしょう。もちろん特別養護老人ホームで提供される短期入所生活介護と同じように介護職も配置されています。

しかし、その数は特別養護老人ホームに比べて少なく、代わりに看護師やリハビリ専門職が配置されているのが特徴です。食事や排泄、入浴介助といった基本的な介助はもちろん行われますが、それだけでなく現在在宅で行っている医療の見直しや、弱った身体機能の訓練といった役割も担っています。

例えば、家では自分で食事を摂っていたが、急激な体調の変化によって食事が取れなくなってしまったようなケースを考えてみましょう。このようなときはまず病院にかかることになるでしょうが、症状が落ち着いたあとすぐに自宅に戻るのではなく、短期入所療養介護を挟むことがあります。そこで自分で食事ができるようになるための動作訓練を行ったり、点滴を行いながら高カロリーゼリーの摂取から始める嚥下訓練を実施したりといった試行錯誤を行います。

そのようなリハビリの実施とその成果を専門職が協働で測定して、在宅復帰の可能性を探っていくのも、短期入所療養介護では重要な役割です。このような専門的な使い方以外にも、短期入所生活介護とほとんど変わらないような使い方をすることもあります。短期入所療養介護でも、家族が数日家を空けなければならないときに利用するといった使い方が可能です。短期入所介護サービスは本人だけでなく、家族の休息についても考えられたサービスであることを忘れないようにしましょう。

短期入所療養介護の利用料金について

多くの介護保険サービスと同じように、短期入所療養介護の料金も細かく区分けされています。サービスの提供者が病院であるか介護老人保健施設であるかによっても異なりますし、要支援や要介護の程度によっても違います。また、個室かそうでないかによっても値段が違うだけでなく、居室代や食費もそれぞれの事業所によって異なりますから、大まかな数字を出すことすら難しいというのが現実です。

しかしながら、厚生労働省のホームページでは一例として、介護老人保健施設での短期入所療養介護にかかる費用を出していますから、それを元に利用料金を見ていくことにしましょう。
要介護の場合、従来型介護老人保健施設が提供する従来型個室のサービスは、負担割合1割の要介護1の方で750円、以降介護度が上がるごとに795円、856円、908円、959円となっています。在宅強化型介護老人保健施設が提供する場合は要介護1で788円、その後859円、921円、977円、1,032円です。

次に従来型介護老人保健施設がユニット型個室でサービスを提供する場合を見てみましょう。要介護1から829円、874円、936円989円、1,040円となっています。これが在宅強化型の介護老人保健施設が提供すると、それぞれ871円、945円、1,007円、1,063円、1,118円となります。非常に分かりにくいかもしれませんが簡単にまとめると、要介護度が上がるほど費用は上がっていき、従来型よりも在宅強化型の老人保健施設の方が、また従来型個室よりもユニット型個室の方が料金は高いということです。

ここで出てきた言葉を整理しておきましょう。まず従来型と在宅強化型とはどう違うのかという点です。従来型が一般的な老人保健施設だとすれば、在宅強化型は一定以上の在宅復帰率を満たした施設だということができます。つまり在宅強化型は従来型に比べると、自宅に戻れるようにきちんと目標を立てて、ケアやリハビリが行える施設ということができるでしょう。

もうひとつ、従来型個室とユニット型個室の違いを見ておきましょう。ユニット型個室とは各居室が10人程度のユニットになっているタイプの施設を指し、従来型個室とは居室は一人部屋ですが、ユニットではなく大人数で集まる談話室や食堂が設けられている、旧来型の施設を指しています。

短期入所療養介護はどんな人が利用できるのか

では、どのような人が短期入所療養介護を利用できるのでしょうか。先に料金の項目でも述べましたが、利用対象者は要介護認定によって要支援1~2および要介護1〜5と認定された人に限ります。事業対象者や非該当、つまり自立と判定された人は、たとえ高齢であっても利用することができません。

利用している人は主に医療的なケアを必要とする人となります。一般的に短期入所生活介護(ショートステイ)では常時医療的なケアを必要とする人を受け入れない傾向があります。これは保身によるものではなく、短期入所療養介護と比べると医療職の配置人数に大きな違いがあることが原因です。短期入所療養介護では夜間にも看護師がいますが、短期入所生活介護では配置されていません。特別な医療が必要な人に対して、緊急時に医療職が迅速に対応できるという点もあり、医療的なケアが必要な人は短期入所療養介護を利用し、そうでない人は短期入所生活介護を利用するという風になっています。

具体的には在宅酸素を使用している人、経鼻栄養の人、胃ろうを造設している人、痰の吸引が常時必要な方などがそれに当たるでしょう。とはいえ、特別養護老人ホームおよび併設された短期入所生活介護でも、特別な医療を必要とする人の受け入れを推し進めており、介護職員による喀痰吸引や胃ろうの実施研修が各地で始められています。この動きはこれからも加速していくはずであり、今後はますます短期入所療養介護と短期入所生活介護の違いはなくなっていくかもしれません。

短期入所療養介護を利用するにあたっての注意事項

これまでにもいくつか注意点を述べていますが、ここでまとめておきましょう。まず、短期入所療養介護は医療的なケアやリハビリを専門的に行ってもらえる場所であることです。次に料金ですが、これは施設によって大きく変わってきますので、事前に確認しておくことをお勧めします。また食費や居住費は自己負担となるので注意が必要です。

もっとも大切な点は30日以上の継続利用ができない点でしょうか。短期入所サービスは基本的に、在宅に戻ることが原則となっています。そのため、長期に渡る利用は原則禁止されており、30日を超えてしまった場合は介護保険で支払われず、超えてしまった分だけ全額負担となってしまいます。

短期入所療養介護の利用に関するQ&A

Q.短期入所療養介護のメリットは具体的にどのようなところですか?
A.医療職を中心とした医療的なケアによって体調の安定が図れること、リハビリ専門職による機能訓練によって身体機能の回復が見込めることです。

Q.利用者の状態が思わしくなく、自宅に帰れそうにありません。短期入所療養介護をずっと使い続けることはできるのですか?
A.短期入所系のサービスは30日以上の連続利用は認められていません。30日を過ぎた場合次の1日に限り全額自己負担となります。この連続日数は同じ施設の継続利用だけでなく、あいだで他施設の短期入所サービスを利用した場合でもリセットされません。1日だけでも自宅に戻るか、1日の全額負担を行うかの選択になります。

Q.提供元が病院と老人保健施設ではサービスに違いがありますか?
A.基本的には大きな違いはないとされていますが、実際には病院の方がより医療色が強い傾向があります。理由としては病院が実施する短期入所療養介護は、病院の病棟内でサービス提供されていることが多く、実際には短期の入院に近い実情があるためです。老人保健施設が提供するサービスは、どちらかといえば特別養護老人ホームが提供する短期入所生活介護サービスに近く、介護職が主体となって利用者のケアにあたっています。