お役立ちガイド

自宅に戻ってもリハビリを続けたい!そんな人にうってつけの介護サービス、デイケアとは?

リハビリテーションのニーズが増大しています。肥大化した診療報酬を少しでもスリムにしようと、在宅復帰を推し進める政府の意向に応じて、多くの病院がこれまでより短い入院期間で患者を退院させています。それによってこれまでは入院して行っていたリハビリテーションが、自宅からの通いで行われるようになりました。 高齢者医療分野でも同じことが起こっています。そんな状況で今もっとも注目を浴びているのが、通所リハビリではないでしょうか。ここでは通所リハビリの基本的な知識を学んでいきましょう。

通所リハビリ(デイケア)とはなにか。通所介護(デイサービス)とはどう違うのか。

通所リハビリ、通称デイケアとは介護保険内に位置付けられているサービスで、要支援および要介護者を対象としています。サービスを提供している主体は病院や老人保健施設、それに診療所となりますが、介護保険サービスに位置付けられているため、医療保険ではなく介護保険が適用されることになります。

介護保険で利用するサービスであることもあって、内容も医療保険によるリハビリテーションとは異なり、高齢者を対象としたものです。
一般的にデイケアと呼ばれることが多いのは、通所リハビリと呼ぶと医療保険によるサービスと混同してしまうこと、隣接サービスとなる通所介護(デイサービス)と似た内容のサービスを提供していることによるのでしょう。

通所介護(デイサービス)との違いは、重点の置き方の違いといえるかもしれません。どちらも利用者の身体介護や食事の提供、リハビリテーションやレクリエーションを実施しています。しかしながらデイサービスが身体介護やレクリエーションなどに重点を置き、生活機能の向上よりも楽しい時間(社会交流)を過ごしてもらうことを重視しているのに対し、デイケアではリハビリテーションに重きを置いており、理学療法士や作業療法士といったリハビリ専門職によるリハビリテーションが行われている点に違いがあります。またデイケアは医療系サービスとなり、医師の指示所が必要となります。

デイサービスとデイケアは似通ってはいるものの、利用者の目的によって上手に使い分ける必要があるサービスだといえるでしょう。

通所リハビリ(デイケア)とは具体的にどのようなサービスか

デイケアについてよりよく知ってもらうために、ここではデイケアで提供している具体的なサービス内容をみていくことにします。まずは送迎です。デイサービスと同様にデイケアでも利用者の送迎を行っています。自宅前まで専用の車が迎えに来てくれますから、家の外に出るためにリハビリが必要なのに、リハビリを受けるためには外出しなければならない、といった問題も解消です。(要支援の方には送迎なしのデイケアなどもありますのでケアマネさんや地域包括支援センターの職員さんに問い合わせてみてください。)デイケアに到着すると健康状態のチェックが看護師によって行われます。バイタルサインをチェック(体温測定、血圧、脈拍の測定、場合によって酸素飽和度の測定)することで、リハビリや入浴が可能かを判断するのが目的です。看護師による健康チェックが終わったら、いよいよリハビリです。理学療法士や作業療法士が中心となって、目標に向けたリハビリをチームで支援してくれます。利用者ごとにリハビリテーション実施計画書と呼ばれるものが作成されており、それを元に目標に対する達成度の確認を行っています。デイケアで行われるリハビリは、ほとんどがその人に合わせた個別リハビリであり、この点がデイサービスとは大きく異なる点でしょう。その人の状態に合わせた目標設定がなされていますから、目標に向かって努力できますし、達成を一緒に喜んでくれるスタッフがいることで、次の目標に向かう意欲も湧いてきます。午前中にリハビリを行った場合は昼食後に入浴を行うことになります。デイサービスと同じように1日利用するデイケアが多く見られましたが、リハビリに特化した半日のみのデイケアも増えているようです。半日のみの場合昼食が提供されなかったり、入浴介助サービスが受けられなかったりすることもありますが、一方でリハビリに専念することができるために、リハビリのみを実施したい利用者にとっては望ましい選択肢となりつつあります。

通所リハビリ(デイケア)のサービス利用にかかる費用・相場(利用者負担額含む)

デイサービスと同様に、デイケアは要支援や要介護の程度によって支払う料金が変動する料金体系です。また要支援と要介護とでも料金体系が異なるので注意しましょう。
まずは要支援の人が利用する場合の利用料金から見ていきます。要支援の人が利用する場合、生活機能を向上させるための共通サービスに「運動器機能向上」「栄養改善」「口腔機能の向上」といった関連サービスを組み合わせて利用する仕組みになっています。利用料は月額であり、要支援1の場合は1,812円、要支援2の場合は3,715円となります。これに組み合わせるサービスとして、運動器機能向上では225円、栄養改善や口腔機能向上ではともに150円が上乗せされるようになっています。
次に要介護の場合を見てみましょう。要介護の場合利用料金は1回ごとに算定されますから、利用した分だけを支払うことになります。基本料金は通常規模の事業所が6時間以上8時間未満のサービスを提供した場合、要介護1で726円、要介護2で875円、要介護3で1,022円、要介護4で1,173円、要介護5で1,321円となります。要支援、要介護認定された方の負担割合が2割の方ですとこの倍の負担となります。
これに利用する事業所が算定している加算を加えた額が、デイケアを1回利用する際に生じる介護サービス料金です。デイケアを利用するには介護サービス料金以外のものも支払う必要があります。食費やおむつ代などの日常生活費がそれにあたります。その一方で送迎料金は介護サービス費に含まれているので、追加で支払う必要はありません。この辺りはデイサービスと同じ仕組みですから、もしデイサービスを利用しているのであれば混乱は少ないでしょう。

通所リハビリ(デイケア)はどのような人が利用しているか

デイケアを利用する条件は先述の通り、要支援1~2の人および要介護1〜5の人となります。その中でもリハビリをすることで生活機能の向上が見込める人が、積極的に利用する傾向があります。リハビリといってもその内容は実に多様です。半身麻痺になった人が利き腕以外の手で食事を摂る練習をすることもあれば、言語聴覚士とマンツーマンで発語の練習をすることもあります。他にも下肢筋力が低下した人に対する立位訓練や座位保持の訓練など、その人のレベルによって実施するリハビリの内容も多種多様です。ほとんどの高齢者がなんらかの身体機能の低下がみられますから、要支援や要介護と認定された人のほとんどは、デイケアにおけるリハビリの対象といえるかもしれません。
☆通所リハビリ(デイケア)を利用するにあたっての注意事項
デイケアを利用する際の注意点をまとめてみましょう。デイケアはデイサービスよりもリハビリに特化したサービスです。個別に作成されたリハビリテーション実施計画書を元に、専門的なリハビリが受けられますが、その一方でデイサービスでは受けられるサービスが受けられなかったり、追加料金が生じたりすることがあります。特に最近はリハビリ特化型のデイケアが増えてきており、入浴介助を行っていなかったり、利用可能時間が短かったりといったこともあります。利用目的がリハビリではなく、主介護者の就労時の不安によるものであれば、デイケアではなくデイサービスを利用するとよいでしょう。デイサービスとの共通点としては、食費やおむつ代は別料金となっていることです。ほとんどの事業所では契約締結時に説明してくれるはずですが、そうでなければ食事代がいくらか、基本料金がいくらかきちんと確認しておきましょう。

通所リハビリ(デイケア)の利用に関するQ&A

Q.デイケアは医療保険で利用できますか?
A.医療保険では利用できず、介護保険のみでの利用となります。これは後期高齢者医療保険対象者であっても同様です。要介護認定で要支援1~2および要介護1〜5と認定されてはじめて利用することが可能です。
Q.デイケアとデイサービスはどうやって使い分けたらいいの?
A.デイサービスに比べるとデイケアは少し高い料金設定です。デイサービスでも受けられるサービスをデイケアで受けるのは割高になります。例えば、デイケアはリハビリを主の目的として利用し、デイサービスでその他のサービスを補完するといった利用法が、経済的なメリットは大きいでしょう。
Q.デイケアでなければ専門的なリハビリは受けられないの?
A.デイケア以外にも居宅でリハビリを提供しているサービスは存在します。訪問リハビリサービスがその代表的存在です。また、デイサービスの中には、理学療法士や作業療法士を雇っているところもあります。そのようなデイサービスは他と比べて高度なリハビリが行われています。