コラム

【訪問介護のサービス内容とは?】メリット・デメリットと施設選びのコツ4つ

年齢を重ね、自分一人では思うように生活を続けることが困難になってきた、でも出来る限り施設などには入らず、住み慣れた家、環境で過ごしたい。できる限りのことは、自分と家族とやっていきたい…そんな、人生の変化に対応し、手を差し伸べてくれるのが訪問介護です。

訪問介護とは、訪問介護員(ホームヘルパー)や、介護福祉士(ケアワーカー)が利用者の自宅を訪問し、入浴、食事などの身体介護や、掃除や洗濯などの生活援助を行うサービスです。高齢者が、自立した在宅生活を送るために援助してくれるものです。

 

訪問介護には、あらゆるサービスがあり、それぞれにメリット、デメリットがあります。訪問介護のサービスを選ぶ上で必要な、内容やメリットデメリット、施設選びのポイントをご紹介します。

いつお世話になるかはわからない訪問介護。そのいつかの時に困らないよう、選択肢、情報は多めに持っておきましょう。

どこまでやってもらえる?訪問介護のサービス内容とは

訪問介護は、主に利用者の身体介護や生活援助を行います。訪問看護とよく似ていますが

訪問介護…身体介護、生活援助

訪問看護…医療従事者による医療行為

と内容は大きく異なります。

 

では、訪問介護のサービス内容を細かく見ていきましょう。




①生活援助

・食事準備、掃除、洗濯、ゴミ出し、片付け など

生活していく上で必要なサポートをしてくれるサービスです。

本人や家族が、何らかの理由で家事を行えなかったり、助けが必要だったりする時に利用します。

これは利用者の生活援助ですので、利用者以外の家族の身の回りの援助(掃除や買出し、食事の支度など)は含まれません。

 



②身体介助

・食事介助、入浴介助、体位変換、着脱介助 など

ホームヘルパーやケアワーカーが利用者の自宅を訪問し、直接身体に触れながら行う介助です。食事する様子を見守り、手伝う食事介助や、お風呂に入る際の手助けを行う入浴介助。床ずれ防止のために行う体位変換、着替えの援助を行う着脱介助などが挙げられます。

 



③通院等乗車介助

訪問介護事業者の、介護員資格を持つ運転手による、送迎を受けられるサービスです。介護保険タクシーとも呼ばれています。公的機関に行く時や、日常生活に必要な買い物をする時など、限られた用途の時のみ利用することができます。

それ以外の用途や、タクシー感覚で気軽に使えるものではありません。

予めケアプランに組み込む必要があるので、利用を考えている場合は、担当のケアマネージャーに相談しましょう。


このように、生活する上で必要な身の回りのことをまとめて頼ることができます。

訪問看護のように、医療面で専門的な知識、対応、ケアが必要、というほどではなく、もっと生活に密接した援助をしてもらうことができます。

訪問介護のメリット・デメリットとは

養護老人ホームや通院型施設。今や様々なニーズにあったサービスが溢れています。

その中でも訪問介護という選択肢を選ぶ、ということはご自身や利用者のニーズを満たしているからに他なりません。

しかし、そんなニーズを満たす訪問介護も、プラスの面ばかりではなく、もちろんマイナス面もあります。それぞれのメリットとデメリットをご紹介します。

 


訪問介護のメリット1:自宅で受けられる

介助を必要とするほど、日常生活に不自由を感じているのであれば、それは大きなストレスとなるはず。

さらに違う環境に行き、いろんな人に関わるとなると、心身に大きな負担を与えます。

その点、訪問介護は自宅に来てくれるので、環境を変えることなく、介護を受けることが出来ます。

 


訪問介護のメリット2:費用負担減

老人ホームの入居や、入居型介護施設と比べると、大幅に費用を抑えることができます。

サービス料、食費、管理費、諸々の費用を要介護3で認定された方で大まかに比較すると

在宅介護…約60000円

有料老人ホーム…297000円

と、約5倍近くの、費用に違いが生まれます。

利用者の方が永続的に利用が確実という場合を除いて、いつまで利用するかはわからない、というのであれば、訪問介護を利用した方が圧倒的に費用負担は少なくなります。

 


訪問介護のメリット3:家族の負担減

高齢者が自宅で生活しようとすると、その身辺の世話をするのは必然的に家族、ということになります。

家族が介護となると、どれだけ仲が良くても関係性が良好でも、家族に大きなストレスを与えます。専門知識を持つ、別の人が関わることで家族の負担が減ります。

また、利用者も家族ではない人と関わるからこそ、自立を促され生活していくことが出来ます。



訪問介護のメリット4:寄り添った介護

利用者や本人慣れ親しんだ自宅で行うため、利用者にあったサービスを、リラックスして少しずつ行うことができます。

集団の施設では見逃されがちなことも、じっくりと関わることで対応してもらえることが多いです。

 


訪問介護のデメリット1:他人を家に入れる

介護に来てくれるのはありがたいのですが、プロとはいえ、まだよくわからない他人を家に入れることが大きなストレスになる、と感じてしまう方も多いでしょう。

利用者本人が良くても、同居家族が嫌がったり、逆に家族が買っていに決めてしまい、利用者本人が嫌がったりするパターンもあります。

人を招き入れることが得意ではない、というのであれば、利用するかどうかは、検討した方が良さそうです。



訪問介護のデメリット2:リフォーム

自宅での介護を選択するという場合、その介護がしやすいように、リフォームする必要がある場合があります。老人ホームや入居型介護施設は、もともと介護しやすいように計算されて設計・建設されています。

自宅となると、そうはいかない場合がほとんどで、今までは気にも留めなかったような段差でさえも大きな壁となります。

入居型の介護を避けたことで抑えられたと思っていた費用が、ここで思った以上にかかってしまった、という場合もあります。

 

現段階で自宅が介護にどのくらい対応できるのか、リフォームが必要なのであれば、最低何箇所するのか、予算はどのくらいなのか、も合わせて調べておく必要がありそうです。

介護保険を利用すると、満たす必要のある要件、支給対象項目はありますが、上限20万円までの工事に対しては補助金が支給されます。ある程度は予算として組んでおきましょう。



訪問介護のデメリット3:時間が限られている

時間が限られた中での介助になるので、もう少しこうして欲しい…ということがあっても、満足のいく対応をしてもらえない、ということがあります。

ホームヘルパー、ケアワーカーの方も時間との勝負なので、じっくりと関わることができない、という場合も多々あります。

じっくり丁寧に関わって欲しいのであれば、援助面で頼む内容を減らし、時間を確保する必要がありそうです。

 

また国の施策として、介護に携わる方の研修期間を短くし、専門的な知識面よりも生活面のヘルパーさんという立ち位置での人材育成を進めるとなっているので、今後は短時間で必要なことを必要なだけ、という流れになってくるかもしれません。

  

このように、あらゆるメリット、デメリットが挙げられます。

よく検討し、選択するようにしましょう。

訪問介護を受けるための2ステップ

ステップ1:認定を受ける

訪問介護を受けるには、まずはお住いの市町村で、要介護認定申請をします。申請をしたことで、認定調査が行われ、主治医意見書を作成してもらい、審査、判定、という流れになります。

その後、認定されますが、認定は要支援1〜2から要介護1〜5までのトータル7段階、もしくは非該当に分かれています。

 

介護サービスを利用する場合は、介護サービス計画書(いわゆるケアプラン)の作成が必要です。作成をお願いする場所は、先ほど認定された、要支援か要介護かによって依頼先が異なります。

 

・要支援1〜2の介護予防サービス計画書…地域包括支援センターに相談

・要介護1以上の介護サービス計画書…介護支援専門員(ケアマネジャー)のいる、県知事の指定 を受けている居宅介護支援事業者(ケアプラン作成事業者)へ依頼

 

ケアプランとは、どのような介護サービスを、いつ、どれだけ利用するかを決めるものです。このケアプランをもとに、事業者と契約を結び、サービスを利用していくこととなります。



ステップ2:保険を利用する

先ほどの認定内容によって、利用できる保険も変わってきます。

要支援1〜2と認定された方は、予防給付が、要介護1〜5と認定された方は介護給付を利用することができます。

予防給付は支援が必要と認められた人に給付・介護給付は、介護が必要と認められた人に給付されます。これらの給付は、現金支給ではなく、現物支給、いわゆるサービスでの支給という形となります。


支給されるサービスには、自宅で受けられる入浴や栄養指導、福祉用具付与、リハビリのサービスから認知症予防の施設に通所などの地域密着型のサービスまで、多岐にわたります。予防給付で受けられるものもたくさんあるのですが、介護給付ではさらに施設サービスとして介護老人施設への入所(原則要介護3以上)など、手厚くなっています。

 

認定された段階によって異なりますが、たくさんあるサービスはうまく活用していきましょう。

どこにお願いする?訪問介護選びの4つのコツ

訪問介護施設はたくさんあります。密接に関わっていく場所なので、どこに頼むかで、今後のサービスを受ける上での満足度は変わってきます。

 


訪問介護を選ぶポイント1:サービス内容、スタッフの対応

対応してくれるスタッフが親切、丁寧で、信頼できるかは重要です。しっかりと対応してくれる施設を選びましょう。

 


訪問介護を選ぶポイント2:保険、介護の専門的知識

ハード面だけでなく、ソフト面も重要です。新しい車で最新の介助機器を持ってきてくれるから選んだのに、最低限の知識ぐらいしかなく、深い知識、経験を持ち合わせていない、となると後に困るのは自分です。知識、経験、しっかりとあるのかは把握しておきましょう。

 


訪問介護を選ぶポイント3:料金をしっかり提示している

大切な利用料。提供してもらったサービスの説明や会計の説明がきちんとあるかも重要です。また、時間内に効率的に行える内容であるか、不明な請求が混ざっていないかなども、あらかじめ明らかにしてくれる事業者を選びましょう。

 


訪問介護を選ぶポイント4:口コミも参考に

パンフレットや、ホームページには、事業者目線での情報です。

しかし、真実が見えないことも多々あります。

選ぼうとしている事業所をすでに利用している、利用していた人の口コミは、大変参考になります。実際の運営状況や対応、気になる部分はしっかりと参考にしましょう。

ただし、サービスにどう感じるかは人それぞれです。同じサービスを受けて、満足する人もいれば、不満を抱く人もいます。

ほとんどが主観による意見である、偏った見方もあるということは肝に銘じておき、その上で選択できるようにしていきましょう。

訪問介護を利用してみよう!

訪問介護を利用することで、利用者や家族の介護に対する負担はとても軽くなります。

また、利用者本人も、思うように身動きが取れず籠ってばかりいると、視野が狭くなり、発想もどんどん閉鎖的になっていってしまいますが、様々な人と関わることで、それを避けることができます。

 利用者が、家族が、何を求めて何を譲れないのか、明確にした上で、希望にフィットした事業所を選日、訪問看護をうまく取り入れていくようにしましょう。