コラム

訪問リハビリとは -メリット・デメリットと使い方-

訪問リハビリテーション(以下、訪問リハビリ)とは、リハビリ施設に通えない方を対象に自宅で行われるリハビリのことを指します。訪問リハビリは「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」といった有資格者によって行われ、体力維持・回復や、自宅で自立した生活を送れるようになることを目的としています。

今回は、そういった訪問リハビリについて、メリットやデメリット、賢い使い方、訪問マッサージとの違い、おすすめのサービス事業者をご紹介しますので、訪問リハビリについて詳しく知りたいという方はぜひご覧ください。

訪問リハビリのメリット・デメリット

まずは訪問リハビリのメリット・デメリットを見ていきましょう。訪問リハビリは介護でお悩みの方にとって知っておきたいサービスの1つですので、ぜひ参考にしてください。




訪問リハビリのメリット

訪問リハビリのメリットとしてまず挙げられるのが、実生活に即したリハビリができるという点があります。訪問リハビリは、実際に要支援・要介護者が生活をする場でのリハビリを行います。そのため、自宅の階段を用いた昇り降りやトイレ・風呂への移動など、自宅での動線に合った形のリハビリが実行できます。


また、作業療法士などの訪問リハビリに関する知識が豊富な方が家の様子を見ることで、転倒しやすい場所など家の中で注意すべき点に気づくことができるというのもメリットです。要介護者と一緒に暮らすご家族の方にとっても、家での生活における不安を取り除けるというのはうれしいポイントでしょう。




訪問リハビリのデメリット

訪問リハビリは自宅でのリハビリとなるため、リハビリ施設と同等の設備は利用できないというデメリットがあります。たとえば施設や病院にあるような大がかりな器具はないので、必ずしも希望に合ったリハビリが行えるとは限りません。


また、訪問リハビリは病院や施設とは異なり、医者や看護師が常駐しているわけではないため、医学的な目線が不足してしまうという懸念もあります。そのため、状態悪化に気づけない・気づいたとしても対応が遅れてしまうといった事態を引き起こす可能性もあるでしょう。

訪問リハビリの賢い使い方

訪問リハビリは、要支援1・2、要介護1~5といった要介護認定を受けた方や、医師から訪問リハビリの必要性が認められた方が利用できる介護サービスです。自費での利用もできますが、要介護認定を受けることで自己負担額が1~3割に軽減できるので、まずは医師に確認してみるとよいでしょう。


また、訪問リハビリは1週間に6回(20分を1回として換算)までという制限があります。訪問リハビリを利用する際は、まずケアプラン(介護の計画書)を担当のケアマネージャーと作成することになりますので、予算なども考慮しながら計画を立てていくことをおすすめします。

訪問リハビリと訪問マッサージの違い

訪問リハビリと似たサービスに、「訪問マッサージ」があります。

どちらも自宅での治療・施術を受けるサービスではありますが、訪問リハビリは「理学療法士」「作業療法士」「言語聴覚士」によって行われるのに対し、訪問マッサージは「あんまマッサージ指圧師」や「鍼灸師」などによって行われます。


また、訪問リハビリは自宅での生活を円滑に進められるように訓練を行いますが、マッサージは筋肉をほぐしたり血液の流れを良くしたりすることで心身機能が維持できるようにケアを行うことが主な目的となります。


保険も、訪問リハビリは介護保険と医療保険のどちらかを選択できますが、訪問マッサージは介護保険適用外となりますの。介護保険の制度上、通所リハビリと訪問リハビリの併用はできませんが、訪問リハビリと、訪問マッサージを使い分け併用の倍もあるようです。サービス利用の際にはどのような使い方がご自身・ご家族の目的に適しているのか検討されるとよいでしょう。


介護「訪問マッサージ」のメリット・デメリットや使い方

「訪問リハビリ」サービス事業者の紹介 

最後に、訪問リハビリを扱っているおすすめのサービス事業者をご紹介します。

・医療法人社団 山手クリニック

https://kaigo-plan.jp/facility_services/78046


ケアマネージャーや理学療法士、支援病院などが連携して訪問リハビリに取り組んでいる「医療法人社団 山手クリニック」。基本的な動作訓練や日常生活動作訓練に加え、福祉用具や住宅改修に関するアドバイスなども行っています。


対応地域:東京都世田谷区、目黒区、渋谷区

住所:東京都世田谷区代沢2-28-11DAIZAWA FLAT

・プライマリーケアクリニック東京

https://kaigo-plan.jp/facility_services/78040


介護を必要としている方の生活の質を向上できるよう訪問リハビリを提供している「プライマリーケアクリニック東京」。リハビリのモチベーションを維持するための目標設定やご家族の負担軽減を目的とした心理的なサポートなど、専門的な知識をもとにしたアドバイスを行います。


対応地域:東京都世田谷区、杉並区、新宿区、渋谷区、中野区、目黒区

住所:東京都世田谷区松原1-38-8野口ビル1階

・有栖川整形外科

https://kaigo-plan.jp/facility_services/77508


介護保健・自費両方で訪問リハビリ実施中。医学的管理を行っている医師の指示に基づき、理学療法士が計画的に利用者様の居宅に訪問して、心身の機能の維持回復を図り個々の利用者様の有する能力に応じて、可能な限り居宅において自立した生活を営むことができるよう支援することを目的としています。


対応地域:港区南麻布4丁目、5丁目、渋谷区広尾4丁目、5丁目

住所:東京都港区南麻布5-13-6

いかがでしたか?

自宅での生活と並行してリハビリを行う訪問リハビリは、「ひとりでトイレに行けるようになりたい」「〇〇まで外出ができるようになりたい」といったように、本人がどのようになりたいか、何がしたいかを明確に目標設定しながら進められる介護サービスです。

介護を必要としている方だけでなく、一緒に住むご家族のモチベーションも維持しながら無理なくリハビリを進めることが重要なので、希望を叶えられる事業者があるかどうか入念に調べることも大切です。

かいごプラン」には訪問リハビリを扱う事業者の情報もたくさん掲載していますので、ぜひお近くに該当の施設がないかどうか探してみてくださいね。


<関連リンク>

「かいごプラン」で訪問リハビリサービスを探す

「かいごプラン」のサービス一覧を見る