コラム

【介護保険が使える】訪問歯科をご存知ですか?対象者や料金など総まとめ

健康な生活は、健康な歯から成り立っています。 歯の健康を守りたい、定期的にしっかりケアをしたい、でも状況的に通院するのが難しい…という方はたくさんいらっしゃいます。 そんな時に支えてくれるのが訪問歯科です。どんなサービスで、どんな人が受けることができるのかをご紹介します。

生きていくために必要な食事。その食事を支えるのが、歯です。

自分の歯であれ、入れ歯、差し歯であれ、歯とは一生付き合っていかなければなりません。

そんな歯を守ってくれる歯科医院は「自分で通うしかない」と思っていませんか?

実は歯科医師、歯科衛生士の方が、訪問歯科のサービスを利用することで自宅に訪問してくれるのです。

訪問歯科とは?普通の歯科と何が違う?

訪問歯科とは、歯科医師や歯科衛生士の方が訪問し、治療や診察、口膣ケアを行うことです。

体が不自由であったり介護がないと歯科医院に通院するのが困難な方のために、ご自宅や入院施設などに訪問してくれるサービスです。

継続的な診察と治療はもちろんのこと、患者さんの緊急時にも訪問に伺うことも少なくありません。

また、クリニックや施設によっては「外来診療」と「往診」または「外来診療」と「訪問歯科診療」を分けて提供しているところもあります。

(介護施設の場合は、施設と提携して「往診」や「訪問歯科診療」を行う所も多いです。)



似たような『歯科往診』との違いは?

こちらは患者さんの突発的な変化に対して緊急時に対応してもらう手段です。1回きりのケアはしっかりと行ってくれますが、継続性、段階を経て、患者さんの様子を見ながら共に治療を進めていく、という姿勢ではありません。

歯科往診は一回きりでのサポート、と認識しておきましょう。



普通の歯科と何が違う?

普通の歯科は誰でも利用できるのに対し、訪問歯科を利用できる人は厚生労働省で定められています。

常時寝たきりもしくはこれに準じる状態、自宅や社会福祉施設等で療養を行っている人、です。

通所が面倒くさい、などの個人的な都合で利用できるものではないので、気をつけましょう。

訪問歯科で行うこととは?

訪問歯科では、具体的にどんな治療や診察をしてくれるのでしょうか。


①入れ歯の調整

「入れ歯で口の中が痛む」「入れ歯が入らない・外れやすい」「入れ歯をなくしてしまった」などたくさんのトラブルが起きているようです。

これらを解決するには多くの器材は必要なく、よほどのレベルでなければすぐに対応できます。


②虫歯、歯周病の治療

急な歯の痛みや虫歯治療に対応します。

とはいえ、継続的・段階的に治療を進めるのが訪問歯科なので虫歯の治療はさほど多くはありません。

しかし、昔の治療痕や歯周病などはどうしても多くなりますので、ケアや治療が必要になります。


③口膣ケア

口膣ケアとは、口の中を清潔に保つことで口膣内だけでなく体全体の健康を保つケアのことです。

加齢とともに体の機能が衰えてくると、自力で口膣ケアを行うことが難しくなるので、訪問歯科で対応してもらいます。

自浄作用が低下していたり、歯周病が多かったり、味覚の変化、ドライマウスなど様々な変化がどうしても起こるので、プロにしっかりとケアをしてもらいましょう。

唾液の分泌促進や感染症予防、認知症予防など、様々な予防に効果があるとされています。


④嚥下リハビリ

嚥下リハビリは、食を楽しむことを目的に行います。

実際に食事をする前に、食べるために必要な筋肉を動かしたり、刺激を加えたりして、口膣周辺の運動や感覚機能を促し、誤嚥のリスク予防となります。


このように、普通の歯科医院でもやってくれるようなことを、長期的な視点で計画的にケア、治療を行ってくれます。

訪問歯科を受けるには?利用方法のまとめ

訪問歯科を検討している方は、歯が痛いのか、口膣のケアをして欲しいのか、口の中の状態がわからないからとにかく一度見て欲しいのか、なぜ利用するのかをまとめておきましょう。

その上で、住んでいる地域や近くの市町村で、訪問歯科を取り扱っている施設があるかどうかを調べてみましょう。

たくさんの施設があると思いますが、いくつか目星をつけ、それぞれの施設に連絡を取るところからがスタートです。また、訪問歯科を利用するための流れですが下記の通りです。



⒈ 希望の施設に連絡をする

まずは訪問歯科を行う施設、病院、関係者に連絡を取りましょう。

口膣内の状態や虫歯の有無、お住いの場所や希望頻度、診察か治療かなどのヒアリングが行われます。


⒉ 診察日を決める

診察の直前直後には予定を詰めすぎず、余裕を持って診察を受けられるようにしましょう。


⒊ 申込書の記入、提出

各施設から送られてくる申込書に記入し、提出しましょう。

申し込み内容は自己責任です。しっかり内容を把握した上で、合意の上で提出するようにしましょう。


⒋ 訪問当日

当日はリラックスして診察を受けましょう。

最初は緊張の連続かとは思いますが、症状や現在の状態はしっかりと伝えましょう。

もし当日急に体調を崩したり、診察を受けらレなくなったりする状況になった時は速やかに連絡し、新たな日時を設定しましょう。


疑問点や不明点などは、施設に問い合わせたらすぐに教えてもらえます。

疑問やわからないことはそのままにせず、すぐに確認し、気持ち良く利用できるようにしましょう。

訪問歯科の料金はどのくらい?介護保険は使えるの?

訪問歯科は1回の治療や診察で、どのくらい費用がかかるのでしょうか。

検討がつかなければ、なかなか利用してみようという気にはなりませんよね。

訪問歯科では、医療保険と介護保険、2種類の保険を同時に算定します。


検査・治療費+訪問歯科診察料+指導料


という形です。

介護保険は利用できますが、以下4つの条件が揃った時のみとなっています。


①居宅療養管理指導(※)を受けた


②要介護、または要支援認定を受けている


③居住系施設を利用している


④介護保険を利用することに対して利用者より同意を得ている


このような条件が揃った時に、介護保険を利用して訪問歯科のサービスを受けることができます。自己負担は、おおむね1割もしくは2割負担です。

居宅療養管理指導とは…

要支援・要介護と認定され、通院が困難な方を対象に、医師や看護師など専門的知識を持った人が自宅を訪問し、健康管理などの指導や助言を行ってくれるものです。

ケアマネージャーや主治医に相談し、事業所を探します。

(医師による医療行為は行いません。)

訪問歯科を受けるメリット・デメリット

訪問歯科のサービスを受ける上で、メリットやデメリットはどんなものがあるのでしょうか。



訪問歯科を受けるメリット


①リラックスして治療を受けることができる

知らない慣れない場所での治療となると、どうしても緊張してしまいます。

しかし、住み慣れた家や介護施設での治療なので、リラックスした状態で治療してもらうことができます。

認知症や統合失調症などのため、長時間じっとしているのが困難な場合にも、精神的な負担が軽減されます。

また、脳梗塞やパーキンソンなど麻痺や硬直のために体勢を変えるのが困難な場合にも寝たままリラックスして受けることが可能です。


②通院の負担やリスクが少ない

必要なサービスを提供してくれる歯科医院を探し、通院するための付き添いの負担や、往復の交通費の負担が軽減されます。

また、インフルエンザなどの感染症が流行する時期は、不特定多数の人が集まる場所での感染リスクも高まってきます。

訪問歯科を選ぶことで、これらの負担やリスクは極力避けることができます。


③受診機会を作りやすい

訪問するための日程を決め、身支度を整え時間をかけて通うとなると体が自由に動かなくなった方にとってはとても億劫な作業ではないでしょうか。

行かないと…と思いつつだんだん煩わしくなり、機会を逃す方も多いと思います。

その点、毎回自宅に来てくれるのであればその煩わしさは無くなり、必要な治療をしっかりと受けることができます。

いずれにしろ、必要な時に必要な治療が受けやすい、というのが訪問歯科の大きなメリットです。



訪問歯科を受けるデメリット


①キャンセル後の予約が難しい

訪問歯科サービスを行っている施設は、さほど多くはありません。

ですので利用する方は多く、訪問できる日・時間帯は限られています。

近隣の利用者宅も合わせて回っていることが多いので、予約の取り直しが難しくなることもあります。

診察は体調や時間の余裕を持って受けるようにしましょう。


②自宅、部屋に見知らぬ人を入れる

訪問歯科なので、もちろん歯科医、歯科衛生士が自宅にやってきます。

あまり人を家に入れるのは得意ではないという方にとっては、負担になるかもしれません。

また、訪問に伴い、家の掃除や整理整頓は避けられなくなってきますので、どうしてもご家族の負担も出てきてしまいます。


③経験豊富なベテランばかりに診察してもらえるわけではない

訪問歯科を行う、となると施設側は資料作成や患者の身体状況の把握など、通常の歯科業務以上をする必要があります。

そして知識面も豊富でスキルもある人材を確保するのは、歯科衛生士の確保が難しいとされている現在では、厳しいと言えます。

結果、知識経験豊富、というわけではない歯科衛生士の診察になることが多いです。

経験の浅さが悪いわけではありませんが、歯科医院で受ける方がクオリティが高い可能性があることも理解しておきましょう。


治療に赴かなくてもいいからこそといった面が、デメリットとしてあげられます。

【訪問歯科とは?】歯科医を選ぶときのポイント5つ

大切な歯の健康を任せる、訪問歯科選び。経験や知識が豊富で、技術力があり丁寧に治療に取り組んでくれる歯科医師や歯科衛生士。

どんな部分に気をつけて選ぶのか、どこを見て判断するのかを紹介します。



ポイント1:歯磨き指導、歯石除去などメンテナンスに熱心

メンテナンスがしっかりなされていないと、すぐに歯はダメになってしまいます。

一言で済ませる、あまり重要視していないなどの対応だと、続けていっても効果的な改善は見られにくいでしょう。なるべく避けた方が無難です。



ポイント2:インフォームドコンセントをしっかり行う

インフォームドコンセントとは、患者、利用者に治療のメリットやデメリットをきちんと説明し、主体的な石で治療を選ぶことができる方法です。

都合のいいことばかりを説明したり、デメリットについて一切説明しなかったりするのであれば不安は高まってしまいます。必要な事としっかり説明してくれる人、医院を選びましょう。



ポイント3:高額治療を無理に行わない

高額な治療のメリットばかりを話し、勧めてくるのであれば気をつけた方が良さそうです。

患者の意思で、治療を重ねた結果高額になるのであれば仕方ないですが、そうでないのであれば、続けるかどうか検討する必要がありそうです。



ポイント4:アフターケアがしっかりしている

治療した直後に不具合が出ると、どうしても言い出しにくいものです。

それでもしっかりと患者の言葉に耳を傾け、対応をしてくれる医院を選びましょう。



ポイント5:配慮がしっかりできる

訪問歯科サービスを提供している以上、しっかりと配慮はなされているとは思いますが、たまに言葉遣いや振る舞いが気になる、対応が横柄など配慮の行き届いていない医院、施設もあります。

最低限の配慮はできるかどうか、確認しましょう。



医療従事者として、当たり前になされていることがほとんどですが、当たり前のことを当たり前にやってくれる歯科医師を選ぶようにしましょう。

まとめ

訪問歯科を利用する際は、

・どんな治療を必要としているかをまとめる

・自分にフィットした施設、歯科医師を選ぶ

・しっかりコミュニケーションをとり、歯の健康を共に守る

という点に気をつけながら選ぶようにしましょう。


健康な生活は健康な歯から生まれます。必要なケアはしっかりと行い、健康な毎日を過ごしましょう。