コラム

【徹底解説】介護タクシーのおすすめサイト3選!料金や普通のタクシーとの違いは?

高齢になり、体が悪くなってくると外出する機会が少なくなります。 病気や障害のせいで体の自由が効かなくなるだけではなく、車の運転をするのが難しくなったり公共交通機関までの道を歩けなくなって移動手段が無くなることが外出すること自体が減ってしまう大きな原因です。 外出する機会が減ったとはいえ、外に出なければいけない用事があったり、いつまでも家の中にいるのも窮屈ではないでしょうか。 そんな高齢者に必須なのが「介護タクシー」です。 ここでは、介護タクシーの詳細とオススメの介護タクシーサイトをいくつかあげるので、比較してみてください。

介護タクシーとは?

現在では、車椅子に対応しているタクシーは一律に「介護タクシー」と呼ばれることが多いです。

ですが、介護タクシーと呼ばれるものには介護保険が適用されるものと、適用されないものが存在します。



介護保険が”適用されないタクシー”と”適用されるタクシー”

この二つの違いは、

・提供事業者

・サービス内容

にあります。


一般的な介護タクシー(介護保険が適用されない)の場合

そのサービスの範囲はドアからドアまでとされています。

たとえ介護が必要な人出会っても、玄関先まで出ることが求められ、目的地では自分で移動するかもしくは誰かしら付き添いの人が必要です。


介護保険が適用されるタクシーの場合

そのサービス範囲はベッドからベッドまでとされています。

ベッドからの離床介助から車いすへの移乗し、そこから車椅子の移動補助まで介護が必要な場面で必要なことができるのが、介護保険の適用されているタクシーです。

介護保険が適用されると言っても、介護保険の適用範囲は介護が必要な部分だけで、移送サービスにかかる費用に関しては、通常のタクシーと同等の料金を支払う必要があります。

介護タクシーはどんな人が対象なの?

介護タクシーの利用条件は特に定められてはいません。

・高齢者で乗り降りに支援が必要な人

・車椅子での乗車を希望する人などがその対象です。


しかし、介護保険の適用されるタクシーの場合、利用するのに条件が定められて、

・要介護認定で要介護1以上

・公共の乗り物で一人では乗車できない人

・担当ケアマネジャーが必要と判断


これらの条件に当てはまる人でなければ、利用することができません。

他にも、介護保険の適用されるタクシーには数々の制限があります。

病院や市役所、金融機関など生活上必要不可欠な場所への移動には利用することができますが、お墓参りや趣味でも移動には利用することができません。

介護保険サービスは原則として、ケアマネジャーの作成したケアプランのもとに実施されるので、ケアプランへの記載が必要となり、予め決まっている予定以外の利用はとても難しいです。


付き添い乗車もOK?

付き添いの乗車はもちろんできて、資格なども必要ありませんが乗車可能な人数は配車される車によって異なるので、予約時に必ず確認するようにしてください。

なので、家族同乗でどこかへ行くのに利用するのにも適しています。

介護タクシー・福祉タクシー・普通のタクシーの違いを比較してみた

介護タクシーと普通のタクシー、一番の違いは車椅子での利用が可能か不可なのかです。


介護タクシーでは車椅子に対応した車両を用意していて、車椅子のまま車に乗り込むことが可能です。

車椅子の形状は「リクライニング式」「電動式」などによって変わりますが、大型車両を使っている業者であれば、どんな車椅子にも対応しています。


通常のタクシーの場合、車椅子から座席に移動してもらい、その上で車椅子をトランクに積み込まなければならないので、車椅子の形状によっては断られることもあります。

タクシーに乗るために必要な介助に関しては、介護保険内外どちらであっても無料で行われますが、目的地まで送り届けた後は付き添いの人に委ねるか、あるいは目的地で待っている家族に任せる形になるかのどちらかです。


福祉タクシーの場合は、あくまでも目的地までの車移動をサポートするだけで介助はサービスの内容には含まれていません。

なので、乗務員には介護関係の資格が必要ではなく、介護保険も適用範囲外です。

外出の際に介助を必要とする人が福祉タクシーを利用してしまうと、十分なサービスを受けられませんが、逆に介護保険の適用範囲外なので利用目的の制限も無くなります。

乗車と降車のサポート設備だけがあれば良いという人には趣味や遊びを目的とした外出に適したサービスと言えるでしょう。

介護タクシーの値段・料金はどのくらい?

介護タクシーの料金設定はほとんどは、通常のタクシーと大きな違いがありません。

地域によって違いますが、東京都23区においては

・初乗り運賃:¥410

・1.052kmを超えた後は237mごとに¥80が加算

・時速10km以下の走行時間は90秒ごとに¥80が加算

という仕組みとなっています。


多くの介護タクシーが時間制での利用も可能で、30分あたりの料金は¥2,500前後となっていて、タクシーの乗り降りに関する介助は無料となっています。

24時間営業をしているタクシー業者もありますが、その場合の深夜は早朝時間帯の金額の20%割増料金となってしまいます。

介護保険の適用されたタクシーも料金体系はほぼ変わらず、ベッドからタクシーまでの身体介護に介護保険が適用される形となります。

その他の費用として、予約・迎車・車椅子使用は無料のところがほとんどですが、有料の業者もあるので注意が必要です。

キャンセル料金も無料・有料・当日のみ有料など様々なので予約時に確認してください。

介護タクシーを探せるおすすめサイト3選!

1:くるのる

各都道府県の各地域ごとに検索することができます。

わかりやすい全国マップのようなもので検索をすることができるので非常に扱いやすい検索サイトで、

・車椅子

・リクライニング車椅子

・ストレッチャー布担架

・AED

・酸素吸引器

・パルスオキシメーター

・血圧計

・インバーター

・クレジットカード

これらの条件を選んで検索を絞ることも可能です。


くるのるの公式サイトはこちら

2:みんなのおでかけ応援サイト

全国の介護・福祉タクシーを紹介している介護タクシー検索サイトとなっていて、一般の方にも気軽に利用できる「ユニバーサルデザインタクシー(UDタクシー)」を所有している事業者も掲載しているのが特徴です。

全国合わせて1,656社のタクシー会社がこちらに登録しています。


みんなのおでかけ応援サイトはこちら

3:さぽタク.com

全国マップで検索をすることができればで非常にわかりやすく、

・リクライニング車椅子

・禁煙者

・ストレッチャー

・女性ドライバー

上記の条件検索もかけることができます。

希望に合った事業者が見つかったら、介護タクシーか福祉タクシーの事業者に配車を依頼して、その時に「さぽタクドットコムで見た」と言うだけで話がスムーズに進みます。


さぽタク.comの公式サイトはこちら

まとめ

高齢になるとどうしても体の衰えで、外出する機会が減ってしまいます。

いつかは誰しもが介護タクシー、または福祉タクシーを使うことになるので、今のうちから自分の地域にある事業者のことを調べておいても損はないはずです。

困った時はまた、これらの検索サイトで自分達の求めている事業者を探してみてくださいね。