コラム

居宅介護支援(ケアマネジメント)のサービス内容とは?利用方法や料金などわかりやすく解説!

『居宅介護支援(ケアマネジメント)』という言葉は知っていても、具体的にどういった内容のサービスなのかがわからない、という方は意外と多いもの。 内容がわからなければ、利用するにも躊躇してしまいますね。 どんなサービス内容があるのか、どうやって利用すればいいのか、利用するにはどのくらい料金がかかるのか、などをわかりやすく解説しています。 今後サービスの利用を検討している方は、参考にしてみてください。

居宅介護支援(ケアマネジメント)のサービス内容とは?

居宅介護支援(ケアマネジメント)とは、介護サービスを利用する方の、要介護状態や生活状況を把握した上で、利用者本人が望む生活を送れるように支援することを総称して言います。


様々な介護サービスを組み合わせてケアプランを作成し、作成したプランに従ってサービスが提供できるように事業者と調整を行い、実際にサービスが提供された結果を確認する、という一連の業務の事です。


訪問介護サービス、デイサービス、通所リハビリステーション…様々なサービスを受けようとする方が、ご自宅で自立した生活を送ることができるように、様々な手助けをしてくれます。

主なサービスの内容は、大きく3つあります。


①ケアプランを作成する

ケアプランは、要介護認定を受けた方が、本人の希望や必要性、どれだけ利用するかに基づいて作成される介護サービスの計画のことです。


これは介護支援専門員が一人一人のニーズにあったケアプランを作成します。


自分で作ることも出来ますが、経験が豊富でしっかりとした知識を持っているケアプランナーに頼んだ方が、より綿密な計画書が出来るでしょう。


②介護保険の相談、介護や生活に関する相談援助を行う

サービスを利用していく上で欠かせない、介護保険についての相談や援助を行います。


利用する方に寄り添った保険を選ぶこと、最適なものを知ることは必須です。

また、初めての介護では、右も左もわからないことが多いです。


しかしそういった方に、生活面で必要な知識や情報提供、どういった介護にするか、またそれに伴いどういった制度を利用していくのか、についての援助を行います。


③各種申請の代行を行う

要介護認定を受けるところから、実際のサービスを受けるまでに様々な申請を行わなくてはなりません。


市区町村の窓口や公式サイト、地域包括支援センター、地域連携室、と様々な関係各所も介さなければなりません。

そんな時に、申請の代行を行ってくれます。


このように、介護を利用していこうという中で、必要最低限の部分をフォローしてくれるという、大きな役割を担っています。

居宅介護支援(ケアマネジメント)を利用するには?

居宅介護支援を受けるには、大きく分けて3つの流れがあります。

その流れと細かな内容について説明します。


⒈要介護認定を受け、ケアマネージャーの選定

・要介護認定を受ける

居宅介護支援サービスを受けるには、要介護1以上の認定を受ける必要があります。

認定を受けていない人は、まず申請して認定を受けましょう。


市町村の役所の窓口や、公式サイトから申請書をもらい、保健課または地域包括支援センターへ提出します。その後、調査員との面談や、かかりつけ位の意見書をもとにして、要介護認定、という流れになります。


介護保険証を受け取ったら、住んでいる地域の居宅介護支援事業所を教えてもらい、ケアマネージャーを選定しましょう。


・ケアマネージャーの選定をする

ケアマネージャーは、介護生活一緒に行う大切な存在です。

納得いくまで会話し、人となりをしっかり分かった上で、選ぶようにしましょう。


ケアマネージャーとは、元々、保険や福祉、医療の分野におけるスペシャリストです。各々の得意分野も違ってくるので、最初に見極めるようにしましょう。


話を親身になって聞いてくれるか、対応が早いかどうか、疑問点に関する明確な答えを出してくれるか、フットワークは軽いか、利用者本人と家族、両者に公平か、納得いくプランを立ててくれるか、知識がしっかりあるのか、守秘義務やプランの細かな説明をきちんと行うか、など見るべき部分はたくさんあります。信頼関係を築くことができるかどうか、が重要です。


人と人との関わりなので、相性の良し悪しは避けては通れません。

また、必要としている分野の相違があれば、どんなベテラン、知識豊富な方でも、上手くいかなくなってしまいます。そしてそれは、今後の介護生活に大きな影響を与えます。


関係構築をしっかり行っていても、違和感を感じる、物足りなさを感じるのであれば、いつでもケアマネージャーの変更は可能、ということを頭に入れておきましょう。


⒉ケアプランの作成

・アセスメントを行う

選定されたケアマネージャーが、利用者宅を訪問し、面談を行います。


利用者や家族の現在の状況や、相談の背景、原因など、細かく話しながら、解決に向かうための道筋を立てていきます。


不安に思うかもしれませんが、一緒に介護を行っていくための大切な場です。

一緒に行う、という意識を持ち、具体的に内容を掘り下げていくようにしましょう。


・担当会議をしてケアプランを決定

アセスメントで話した内容をもとに介護担当会議を経て、ケアプランが決定します。


⒊介護サービスの開始

ここまでくれば、サービスの開始です。

ケアプランで立てた内容をもとに、サービスを受けます。サービスが始まっても、利用者の心身の変化に細かく対応できるよう、内容は常に見直しをされます。

居宅介護支援(ケアマネジメント)の料金形態は?保険は使える?

居宅介護支援を利用する場合、介護保険を利用することになります。




介護保険の仕組み

介護保険制度は、平成12年4月からスタートし、各市区町村が制度を運営しています。


40歳になると被保険者として介護保険に加入し、65歳以上になると、市区町村(保険者)が実施する要介護認定において介護が必要と認定された場合、いつでもサービスを受けることができます。


また、40〜64歳までの人は介護保険の対象となる特定疾病により、介護が必要と認定された場合、介護サービスを受けることができます。


平成27年4月からは介護保険の予防給付(要支援の方に対するサービス)のうち介護予防訪問介護と介護予防通所介護が介護予防・日常生活支援総合事業に移行され、市町村の事業として実施されます。


総合事業は、今までの介護予防訪問介護と介護予防通所介護から移行し、以下2事業です。


1:サービス事業

要支援者であると基本チェックリストで支援が必要と判断された方に対し、必要な支援を行う事業


2:一般介護予防事業

65歳以上の方に対し、体操教室等の介護予防を行う事業


65歳以上の高齢者が要介護状態になった時、介護サービスを1割(一定以上所得者の場合は2割)負担で利用できる仕組みです。


最近の介護保険料の全国平均は5300〜5500円前後のようで、収入や年齢によっても違いますので、目安にしておくと良いでしょう。


介護保険適用サービスは、要介護・要支援度に応じて、介護サービスの利用料の限度額が設定されています。




料金形態は?

居宅介護支援を利用するためには、介護保険を利用しますが、利用するサービスや地域区分によって大きく変わってきます。


料金計算方法は

介護報酬の単位数×地域ごとの1単位の介護報酬単価(地域区分)

=A介護報酬総額(1円未満の端数切り捨て)×利用者1人あたりの1ヶ月分の利用回数


A介護報酬総額×90%=B保険請求額(1円未満の端数切り捨て)

A介護報酬総額-B保険請求額=C利用者負担額

という形です。


単位は、平成27年現在以下のようになっており、


要支援1

(単位)5.003

(料金)50.030円


要支援2

(単位)10.473

(料金)104.730円


要介護1

(単位)16.692

(料金)166.920円


要介護2

(単位)19,616

(料金)196.160円


要介護3

(単位)26.931

(料金)269.310円


要介護4

(単位)30,806

(料金)308.060円


要介護5

(単位)36,065

(料金)360.650円


※例えば、要支援1に認定されると1ヶ月に利用できる料金は約50.030円、そのうちの1割を利用者が負担する、ということになります。

居宅介護支援(ケアマネジメント)を使ってみよう

申請から料金形態などの流れを見てきましたが、プランを立てた上で具体的にどのようなサービスを受けられるのでしょうか。


例えば要支援1の認定だと、

・週1回の(介護予防)デイサービス

・週1回の(介護予防)ホームヘルプサービス

・月2日の(介護予防)ショートステイ

・介護用具レンタル(歩行補助つえ)

が受けられます。


また、要介護5の認定だと、

・1日3回の巡回型訪問介護

・週4回の訪問看護

・週1日の訪問入浴

・介護用具レンタル(ベッド、エアマット)

というように、さらに手厚いものとなります。


今はまだ要支援だから居住介護支援は必要ないなと思っていても、利用できるサービスはいろいろあります。

自分自身では気づかなかった、生活していく上で不具合を感じていた部分やもっといい改善方法が、サービスを利用することで気づくことができるかもしれません。


また、認定度は低くてもバックグラウンドは人それぞれで、ご家族がいなかったり、ご家族が持病を抱えていたりなどで満足な支援を受けにくい状況という方もいらっしゃることでしょう。


必要としている・受けられるサービスを積極的に利用し、少しでも自立につながるようなサービスを受けることで日常を心豊かに過ごすことができます。


心豊かに生きることは、人生の満足度向上につながります。

ご自身やご家族にあったサービスを探し、しっかり利用していきましょう。