コラム

夜間の在宅介護をサポート!夜間対応型訪問介護とは

介護を必要としている方の家に訪問して「身体介護(食事・入浴・排泄などの介助)」や「生活援助(掃除・洗濯などの生活支援)」などの介護サービスを行う「訪問介護」ですが、介護は昼間だけでなく夜間にも対応すべき事態が発生することが十分に考えられます。そういった夜間の介護のニーズに応えるのが「夜間対応型訪問介護」という介護サービスです。

夜間対応型訪問介護とは、要介護者が安心して1日を過ごすことができるよう、夜間の時間帯に訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅を訪問して介護を行うサービスです。


こちらでは、夜間対応型訪問介護に関する詳しい情報をお伝えしますので、夜間の介護が不安で…とお悩みの方はぜひご覧ください。

夜間対応型訪問介護サービスのメリット・デメリット

夜間対応型訪問介護のメリット

夜間対応型訪問介護のメリットとして、夜間に起こりうる事態に対応できるため、ご本人や離れて暮らすご家族も安心できるという点があります。また、ご家族と同居している場合でも対応が難しいケースもあり、ご不在時や緊急時に大きな支えとなります。心配で夜眠れないなどは、介護疲れの大きな要因になります。安心して眠れる状況を作れる「夜間対応型訪問介護サービス」の利用は大きな心の支えとなるでしょうか。


夜間対応型訪問介護のデメリット

夜間対応型訪問介護のデメリットとして挙げられるのが、利用する回数によっては費用がかさんでしまうという点です。厚生労働省は、夜間対応型訪問介護を扱う事業者がオペレーションセンター(24時間対応の通報サービス)を設置している場合、1ヶ月あたりの基本料金に加え、1回ごとの加算がされると定めています。そのため、利用を繰り返すと気づかないうちに費用が高くなってしまっていた……となる可能性もあります。


また、夜間対応型訪問介護は要介護認定を受けた方が利用できるサービスですが、残念ながら要支援1・2の方は利用できないという点も注意しておくべきでしょう。

夜間対応型訪問介護の賢い使い方

先ほどお伝えしたとおり、オペレーションセンターを設置している事業者を利用している場合、回数を重ねるほど費用がかかります。ですが、オペレーションセンターを未設置の事業者の場合は、回数ごとの加算がないため、「1ヶ月にどのくらいかかるのか」といった費用の算出が明確になりやすいです。オペレーションセンターを設置するかどうかは事業者ごとの判断が認められているため、ケアプラン(介護の計画書)作成時にケアマネージャーにしっかり確認・相談しながら進めるようにするとよいでしょう。

夜間対応型訪問介護の詳しいサービス内容

夜間対応型訪問介護は18時から翌8時まで(午後6時から午前8時まで)の時間帯に行われるサービスですが、サービス内容は大きくわけて「定期巡回」と「随時対応」の2つがあります。それぞれどういったサービスなのか、詳しく見ていきましょう。


夜間対応型訪問介護の「定期巡回」について

夜間対応型訪問介護の「定期巡回」とは、夜間から早朝の決められた時間帯に定期的な訪問を行い、排泄や体位交換(寝返り補助)などの介助を行ったり安否確認を行ったりするサービスです。ただし、ペットの世話や大掃除など、介護サービス利用者の援助範囲を超える内容は依頼できません。


夜間対応型訪問介護の「随時対応」について

夜間対応型訪問介護の「随時対応」とは、「ベッドから転落して自力ではベットに戻れない」、「急に具合が悪くなった」など対応が緊急に必要となったときに利用できるサービスです。介護が必要となったタイミングでオペレーションセンターに通報を行い、訪問介護員(ホームヘルパー)による介助や救急車の手配などを依頼することができます。

夜間対応型訪問介護サービス事業者の紹介

最後に、夜間対応型訪問介護サービスを扱っている事業者をご紹介します。各事業者の情報をチェックして、実際にどのようなサービスが行われているのかご確認ください。


・ジャパンケア

「かいごプラン」でSOMPOケアを探す


2018年7月にジャパンケアサービスやSOMPOケアなどの4社が合併して新たにスタートした「SOMPOケア」。介護に関するさまざまなサービスを提供しており、その中の1つとして「夜間対応型訪問介護」も対応。必要なときにいつでもスタッフを呼ぶことができ、自宅にいながら病院や施設のような安心感を得られます。


対応エリア:各都道府県に拠点があります。詳細はお問い合わせください。

本社:東京都品川区東品川4丁目12番8号 品川シーサイドイーストタワー

・新川訪問介護ステーション

https://kaigo-plan.jp/facility_services/100118


東京中央区に拠点を置く「新川訪問介護ステーション」。オペレーターが24時間対応しており、ナイトサポートとして「夜間対応型訪問介護」を提供。緊急時だけでなく、在宅介護におけるアドバイスなども24時間365日受けることができます。


対応エリア:東京都中央区

本社:東京都中央区新川2丁目27番3号

・グッドライフケア24

「かいごプラン」でグッドライフケアを探す


東京都に6つ、大阪府に4つの事業所を有する「グッドライフケア」。利用者が安心して生活できるように、未来を見据えた介護サービスを提供しており、夜間においても定期巡回・随時対応を利用することができます。


対応エリア:東京都と大阪府に拠点があります。詳細はお問い合わせください。

本社:東京都中央区新川1丁目11番11号東京冷凍新川ビル3階

いかがでしたか?

緊急時の対応が可能となる「夜間対応型訪問介護サービス」は、介護を必要とする方の「自分ひとりで生活できるだろうか……」という不安や「目の届かない時間帯に何か起きたらどうしよう……」といったご家族の不安を取り除いてくれるサービスだと言えます。


費用面での問題も考えられますが、どういった利用方法がご自身やご家族の状況に適しているのか、まずは実際にサービスを扱っている事業者に相談してみるのもおすすめです。「かいごプラン」には夜間対応型訪問介護に詳しい事業者もたくさんありますので、ぜひ参考にしてくださいね。


<関連リンク>

「かいごプラン」で夜間対応型訪問介護サービスを探す


「かいごプラン」のサービス一覧を見る