コラム

介護保険外サービスとは?サービスの種類や費用など総まとめ

介護保険外サービスを利用してみたい、と思っていても仕組みが複雑でわかりにくい…という方は多いのではないでしょうか。 そこで改めて、介護保険外サービスについて詳しい内容を見てみましょう。 そもそも介護保険外サービスって?どんなサービスの種類があるの?費用はかかるの?など、本当は疑問に思っていたことを詳しくご紹介します!

介護保険外サービスとはどんな種類がある?サービス内容一覧

たくさんある介護保険のサービス。

利用者もどんどん増え、市場規模も拡大しています。

ですが、どんなにいいサービスでも仕組みがよくわからないと利用してみようと思えず、尻込みしてしまいますよね。

提供されているサービスにはどんな種類があるのでしょうか。



介護保険サービスと介護保険外サービスの違い

介護保険サービスは、サービス内容が介護保険制度のものに限定されています。

ですから介護認定を受けていない比較的元気な高齢者は、介護保険サービスを受けることができません。

そこで、介護保険サービスを受けることができない人に対して行うのが介護保険外サービスです。

これはほとんどが民間の企業が運営しており、様々なサービスを各々が提供しています。

介護保険サービスで提供できるサービスは、以下のような内容です。

 

介護保険で提供できるサービス

・生活援助

掃除、洗濯、身辺整理、一般的な調理、買い物、など

・身体介護

食事、排せつ、入浴、衣服の着脱、通院・外出、就寝・起床などの介助が必要なことなど

です。自立して生活していく上で、最低限必要不可欠なことが、これに当たります。

 

介護保険で提供できないサービス

趣味、散歩のために行う外出介助

金銭管理や契約書の記入などの手伝い

同居する家族の援助(掃除、洗濯、調理、片付けなど)

大掃除、窓のガラス磨き、家具の移動や修繕

草むしりや花の水やり、ペットの世話

来客にお茶を出す、食事の手配をする

など、最低限必要不可欠でないことはサービス対象になりません。

 

しかし、このようなサービスを、介護保険外サービスを利用することで、サービスを受けることが出来るのです。

 

生活していく上で、ちょっとした困ったこと、ちょっと誰かに手を貸して欲しいことは誰にでもあります。それを自費でもいいので助けて欲しい、やって欲しいという高齢者の方はたくさんいます。そのようなニーズの元、じわじわと利用者が増えています。

 


 介護保険外サービスの内容とは?

介護保険外サービスで取り扱っているものは、介護保険サービスではやってもらえないようなちょっとした事、助けて欲しい事です。


サービスの内容は、先ほどの介護保険で提供できないサービスとして挙げたものの他にも、以下のようなものがあります。


⒈ 見守りサービス

認知症患者や高齢者の深夜徘徊、または持病がある、病気がちな方の様子を定期的に見守ります。高齢者の身に起きる異常や身体的変化、状況変化の早期発見、早期対応につながります。

 

⒉ 健康支援サービス

健康な体づくりを支援するサービスです。食事の改善や、軽い運動の援助、支援を行います。生活を整えるトータル面でのサポートを行います。

 

⒊ 生きがい支援サービス

誰かと話をする、出かける、活動をする。自分を必要としてくれる人がいて、必要とする人がいることは、大きな生きがいになります。生きがいを持ってもらいながらしっかり生きていくサポートを行います。

 

このように、保険で賄えないけれども、生きていく上で生活にハリと潤いを持たせ、意欲的に毎日を過ごす手助けになる役割を担ってくれるのが、介護保険外サービスです。

介護保険外サービスを受けるには?利用方法のまとめ

各自治体、事業者が様々な介護保険外サービスを行っています。

近隣、サービス内容、料金など様々な比較をし、利用者自身やご家族にぴったりフィットしたサービスを選びましょう。

 

あくまで介護保険外のサービスです。

介護以外の資格が必要なこと(医療行為や理容行為)専門的なスキルが必要なことは頼むことができないので、お気を付けください。

 

利用までの流れ① まずは相談

気になるサービスが見つかったら、まずは相談してみましょう。

電話やメールで対応してくれるところがほとんどです。何に困っていて、どうしたいのか、しっかり相談してみましょう。

 

利用までの流れ② 提案を受け、見積もりを出してもらう

相談内容から、ぴったりのサービスの提案をしてもらえます。

そしてそれをもとに見積もりを出して来ます。疑問点、不明点は、この時点でしっかり解消しておきましょう。

 

利用までの流れ③ 契約

サービス内容や今後のスケジュールをしっかり確認、理解した上で契約です。

 

利用までの流れ④ 利用開始

実際にサービスを受け、疑問点や不明点があればすぐに解決し、気持ち良くサービスを利用しましょう。

 

介護保険外サービスを行う事業者所は、たくさんあります。

事業者選びは、今後の生活の満足度に直結してきます。

妥協せずに、必要としているサービス、それを提供してくれる質の高い事業所を選びましょう。

介護保険外サービスの料金制度・費用はどのくらい?

利用していく上できになるのが料金です。

高すぎると気軽に利用することができません。

介護外サービスを展開している民間企業や事業所の料金例を挙げてみます。

 

A社の場合

・介護保険外サービス¥3.600(45分以上60分未満

以降15分単位¥900で延長

介護保険、他サービスと合わせての利用だと1分以上15分未満¥900

 

B社の場合

・1時間¥1.800(〜4時間まで

5時間以降7時間まで30分¥850

8時間以降30分ごとに¥800

 

C社の場合

・昼間 ¥2.600(30分

(延長15分¥1.300)

・夜間 ¥3.200 (30分

(延長15分 ¥1,600)

 

このように、事業所や利用時間帯によって、価格は全く異なってきます。

また、利用時間ではなく、利用内容(食事を作ってもらう、おしめを変えてもらうなど)によって料金が変わってくる事業所もあります。

いずれにしろ、必要な利用内容に合ったものを選びましょう。

介護保険外サービスを受けるメリット・デメリット

生活していく上で、痒いところに手がとどく介護保険外サービス。

改めて利用する上でのメリット、デメリットを見てみましょう。

 


介護保険外サービスのメリット

メリット1:一人ひとりのニーズに合ったサービス

介護保険サービスでは、一定の内容のサービスは受けられるものの、一人ひとりの主要なニーズを満たしているものではありません。

その点、介護保険外サービスは必要なサービスをピンポイントで受けることが出来ます。


人間一人ひとり違うように、必要なサービスや支え、手助けも違います。

画一的でないサービスであるからこそ、利用者の満足度も向上します。

 

メリット2:生活の質の向上が見込める

助けが必要な部分、生活していく上で必要な部分の支えになる、ということが全てではありません。


人間が人間らしく、肉体的にも精神的にも満足して生活していくことができているか、という概念で『QOL(quality of life)』というものがあります。


これは、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念でもあり、QOLの「幸福」とは、心身の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計流ことができます。


介護を受けるという状態は、必ずしも自由に見動きを取ることができ、思いのまま生活できている状態ではありません。


そうなると必然的にQOLも下がってくるのですが、そこを介護保険外サービスはフォローしてくれます。

 

メリット3:要介護認定を受けていなくてもサービスを利用できる

介護保険を利用するには、要介護認定を受けていなければなりません。


ということは、認定を受けていない人にはサービスを受ける権利すらない、となってしまいます。


要介護認定を受けていなくても、ご家族が病気で介護が必要だったり、近くに住んでいないため簡単に助けを求められなかったり、と本当は援助が必要な状況は多々あります。


そして生活をしていく上で必要な手助けは、人それぞれ違います。


認定を受けていないから必要なサービスを受けられない、という葛藤を抱える必要はなく、サービスを受けるという選択肢を与えてくれます。



介護保険外サービスのデメリット

デメリット1:自己負担となる費用

費用はすべて自己負担となります。


そなると利用すればするだけ費用は膨らみ、気がつけば毎月の介護保険外サービスの利用料だけで赤字…となりかねません。

かといって、費用がかかるから何でもかんでも我慢してしまうと、どんどん生活しづらくなってしまいます。


費用と本当に必要なサービスなのかをバランスを見ながら、上手に利用する必要がありそうです。

 

デメリット2:事業者のサービス内容のばらつきがある

たくさんの介護保険外サービスの事業所があると、それぞれがサービスの質を競い、品質向上していく、という利用者にとっては大きなメリットがあります。


しかし地域によっては、介護保険外サービスを提供している民間企業や事業所がものすごく少ない、受けることのできるサービスが限られている、という場所もあるでしょう。


そうなってしまうと、少数の事業の独壇場となり、質の悪いサービスでも受けざるをえなくなってしまいます。


しっかりと内容を確認し、利用者に対して質の高いサービスを行っているのか、内容は充実しているのかなどは都度確認をしながら、サービスを利用していく必要があります。

 

デメリット3:高齢者をターゲットにした不正

介護保険外サービスを利用するのは、ほぼ高齢者です。


体が思うように動かせない方や認知の症状が出てきている方など、自分の意思では正しい選択をできない、考えや思いを伝えることができない状態の方がサービスを受けます。


そうすると残念ながら、そこを弱点として利用して不正を働く業者もいないわけではありません。


サービスを受けるのはほぼ密室なので、何が行われているのかがわかりにくく、外部はほぼ介入することはできません。


そんな密室状態の中で契約内容を変更されていたり、銀行口座内容を聞き出されていたりする場合も多々あります。


近くに家族がいない、資産がたくさんある、という方は特に狙われやすいので、自分には狙われやすい部分がたくさんある、ということは認識しておきましょう。


もちろん、そのような不正を働く事業者ばかりではなく、真剣にサービスを提供してくれる民間企業や事業所、従業員の方もたくさんいます。


信頼関係をしっかり築ける相手を選ぶようにしましょう。

介護保険外サービスを利用する際は

生活していく上で、大きな不便は感じないし生活に不自由を感じることはないけれど、ちょっと困った事がある、助けて欲しい事がある、という時は短時間でもいいので介護保険外サービスを利用してみましょう。


利用しようか検討し迷っているのであれば、一度利用してみることで抱えている問題が思ったよりも早く解決するかもしれません。


利用してみることで自分には必要なサービスだ、もっと早く利用しておけばよかったと気づくこともあれば、まだ必要ないけれど、もう少ししたら利用させてもらおう、などと今後の自身の引き出しになる場合もあります。

 

介護保険外サービスを利用する際は、

⒈ 利用者や家族が、どんなサービスを必要としているのかを知る

⒉ サービス内容、担当者、サービス料金などトータルで納得できる事業所を選ぶ

⒊ サービス内容は都度見直し、最適なサービスを受け続ける

 

という点に注意して選び、気持ち良くサービスを利用するようにしましょう。

 

介護保険外サービスを利用することで得られるものや、利用した後の人生に対する満足度はとても大きく、そしてそれが生きがいへと繋がっていきます。


精神的、肉体的に幸福度の高い人生を送るための手立てとして、介護保険外サービスを利用していきましょう。