コラム

【福祉用具貸与】介護用品・福祉用具のレンタル賢い使い方

車いすや介護用ベッド、歩行器など、介護を必要とする方が日常生活を送るうえで暮らしの支えとなる介護用品は数多くあります。ですが、急に介護が必要となったときにそれらの介護用品を揃えるとなると費用もかかり、生活を圧迫してしまうでしょう。そういった介護用品・福祉用具の費用に関する悩みを解決してくれるのが、「福祉用具貸与」という介護用品・福祉用具のレンタルに関する介護サービスです。

こちらでは、そんな「福祉用具貸与」について詳しくご紹介していきますので、介護用品をレンタルするメリット・デメリットやおすすめのレンタル業者について知りたい方はぜひご覧ください。

介護用品レンタルのメリット・デメリット

まずは介護用品をレンタルするメリット・デメリットについてご紹介します。利用者が自立した生活を送れるようになることを目的として貸与できる介護用品・福祉用具ですが、レンタルすることにどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。


介護用品レンタルのメリット

介護用品をレンタルすることの大きなメリットは、費用面での負担を軽減できるという点です。介護用品の中には、例えば介護ベッドのように数十万円ほどかかる高額なものもありますが、レンタルすることで費用を抑えることができます。

また、要介護度や介護用品によっては介護保険が利用できるので、自己負担額をレンタル料金からさらに1~3割に軽減することが可能です。


そして、レンタルの場合は必要な状況に合わせて柔軟に利用を検討できるので、利用目的が達成できた後の処理に悩むこともありません。


介護用品レンタルのデメリット

介護用品をレンタルすることのデメリットは、過去に他人が使用しているということが気にかかる場合があるという点や、返す必要があるため、丁寧に扱うことを意識しなければならないという点が考えられます。

また、事業者ごとにレンタルするうえでの利用規約を定めているため、その規約に従うことが求められるという点も考慮しておくべきでしょう。

福祉用具貸与と福祉用具販売の違いとメリット・デメリット

介護用品・福祉用具には、貸与(レンタル)と販売の2種類があります。介護用品が必要になった際には、レンタルにすべきか、購入すべきかもしっかり検討してから決めることが大切です。レンタルのメリットやデメリットだけでなく、販売のメリット・デメリットも把握したうえで、貸与と販売のどちらにするか決めるとよいでしょう。


「福祉用具貸与」と「特定福祉用具販売」の違い

介護保険内のサービスである「福祉用具貸与」と「特定福祉用具販売」は、どちらも介護用品を必要としている方が自宅で自立した生活を送れるようにサービスを提供しています。

ただし、厚生労働省の提供資料によると、介護保険の対象となる用具の種類には違いがあり、貸与(レンタル)は車いすや手すり、スロープなど全部で13品目あるのに対し、販売のほうは便座や入浴補助用具のように他人が利用したものを再度使うことに心理的な抵抗感があるものや、移動用リフトのつり具部分のように品質の変化が認められやすいものの全5品目となっています。


販売のメリット・デメリット

レンタルで扱われているような介護用品は販売もされているため、購入することは可能です。そして、購入した介護用品は自分のものとなるため、気兼ねなく使えるというメリットがあります。

ですが、身体の状況に変化が起きた際に再度購入しなければならなくなったり、故障時のメンテナンスも利用者自身で対応しなければならなかったりと、さまざまな手間が発生するというデメリットがあります。

介護用品レンタルの賢い使い方

介護にかかる費用の負担を軽減するためには、介護保険の利用が欠かせません。

介護用品のレンタルは器具を必要としている方が利用できるサービスですが、介護保険が利用できるかどうかは要介護度や器具によって異なります。


たとえば特殊寝台(いわゆる介護ベッド)や車いすは原則要介護度2~5の方が対象となり、要支援1・2の方や要介護1の方は介護保険が利用できません。また、自動排泄処理装置は原則要介護度4・5の方が介護保険給付の対象となります。


どちらもあくまで原則ではありますが、要介護度ごとに介護保険の支給限度額を厚生労働省が定めているので、限度額を考慮して購入とレンタルのどちらがよいかケアマネージャー等に相談しながら決めるとよいでしょう。

福祉用具貸与サービス事業者の紹介 

最後に、介護用品・福祉用具のレンタルサービスを扱っている事業者をご紹介します。


・ダスキンヘルスレント

「かいごプラン」でダスキンヘルスレントを探す


「ダスキンヘルスレント」は、介護用品や福祉用具のレンタルや販売を全国に展開している事業者です。介護保険に該当するレンタル商品13品目だけでも約3,100アイテムほど扱っており、一人ひとりのニーズに合った器具をレンタルすることができます。


対応地域:全国に事業者がございます。詳細はお問い合わせください

本社:大阪府吹田市豊津町1番33号

・フランスベッド株式会社

「かいごプラン」でフランスベッドを探す


インテリア・家具としてのベッドだけでなく、在宅介護・医療などに関する福祉用具も取り扱っている「フランスベッド株式会社」。介護ベッドに限らず、車いすや歩行器、手すり、小児用の福祉用具など、さまざまな介護用品に対応しています。


対応地域:地域によってはお届けできない場合もあります。詳細はお問い合わせください。

本社:東京都新宿区西新宿6丁目22-1 新宿スクエアタワー5階

・レンタルサービス ソラスト西東京

https://kaigo-plan.jp/facility_services/85571


お客さまの希望ある未来づくりの叶えるため、さまざまな介護サービスを提供している「株式会社ソラスト」。日々を生き生きと生活できるように介護用品のレンタルサービスを行っており、アフターフォローにも力を入れています。


対応地域:東京都内(離島は除く)・神奈川県

※上記は西東京店の対応地域です。その他、埼玉県や千葉県などでも対応していますので、詳細はお問い合わせください。

本社:東京都港区港南1-7-18 A-PLACE品川東6F

いかがでしたか?

長期的な目線での対応が必要となる介護において、介護用品・福祉用具のレンタルは利用を検討しておくべきサービスだと言えます。介護用品レンタルを取り扱う事業者は、利用者本人やそのご家族がどうすればより豊かな生活を送れるのかを考え、使いやすさや負担減などを考慮してサービスの利用を提案してくれるはずです。「かいごプラン」にも多くの介護用品レンタルを扱う事業者がありますので、実際どのくらいの費用になるのか、自分たちのケアプラン(介護の計画書)にはどの介護用品が合っているのか、ぜひお近くの事業者に相談してみてくださいね。


<関連リンク>

「かいごプラン」で介護用品レンタルサービスを探す

「かいごプラン」のサービス一覧を見る