コラム

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のサービス内容と利用方法

自宅で介護をしていて他に面倒を見てくれる人がいないと、「急用ができてしまった」「体調を崩してしまった」「介護に疲れた」「休日が欲しい」このような時に悩みになってはいないでしょうか。 介護サービスを使えばこれらの悩みを解消することができます。 そのシステムとはどのような内容なのか、ここでは「短期入所療養介護(医療型ショートステイ)」についてお伝えします。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)とは

短期入所療養介護とは、旅行などで家を数日空けることになったとしても、普段自宅で介護をしている人に代わって日常生活の世話を受けられて、レクレーションや新機能訓練も受けることができるサービスです。


一般的には老人ホームと呼ばれる福祉施設などに短期間入所して利用するのがショートステイですが、その中でも必要な援助やケアによって生活介護と療養介護に分かれます。

短期入所療養介護の具体的なサービス内容

施設に短期間入所して、看護・介護・リハビリテーション専門スタッフから日常生活のサポートが受けられます。


具体的な内容としては以下のようなサービスを提供しています。

・病状の確認と療養上の世話

・装着されている医療機器の調整・交換

・リハビリテーション

・認知症患者への対応

・緊急時の受け入れ

・急変時の対応

・ターミナルケア

・日常生活上の世話・介護

・生活相談、助言

など


短期入所生活介護と短期入所療養介護の違い

ショートステイには、「短期入所生活介護」と「短期入所療養介護」があります。


短期入所生活介護は主に日常生活や介護の世話、レクレーションなどを行います。

介護職員を中心に、一定数の看護職員や機能訓練指導員も配置されていて、このサービスは特別療養老人ホームや老人短期入所施設などを利用します。


短期入所療養介護は看護や機能訓練の必要な人向けのサービスで、医療の必要せいの高い人を対象としており、サービスを提供するのは「介護老人保険施設」や「介護療養型医療施設」や「診療所」などの医療系施設であり看護師が手厚く配置されている他、医師も配置されているので安心です。


医療的ケアやリハビリテーションを受け、機能低下を防ぐ必要がある場合など医療の必要性が高い人が利用するのが短期入所療養介護です。


期間はどれくらい利用できる?

1ヶ月に連続で30日まで利用することができます。


連続した利用は30日までですが、引き続き利用したい場合は31日目を介護サービスを使わない全額自己負担にすることで翌日から30日間はまた1割負担(所得によっては2割〜3割)で引き続き利用できます。


しかし、このサービスを使いすぎると介護保険の利用限度額に達してしまい、他のサービスを使えなくなってしまうこともあるのでバランスを考えながらうまく活用してください。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)利用条件・対象者とは?

対象とされるのは要介護認定で要介護1〜5と認定された方で、病状が安定期にあり、短期入所療養介護を必要とされる方です。


短期入所療養介護は居宅サービス計画(ケアプラン)に基づいて利用しますが、やむを得ない状況の時はケアプランに入っていなくても緊急に利用することができます。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)利用方法

ケアマネジャーに相談すると話の内容から利用者に合った施設を探してくれます。


施設が見つかったらケアマネジャーと一緒に利用者と家族で施設を見学に行き、スタッフと面談します。


主治医が情報提供書を発行してケアプランをケアマネジャーが施設に提供し、施設側の受け入れが可能となれば利用者と契約することができます。


事業所が決まったとしても、実際に契約するのは利用者本人や家族です。

見学に行ったけど提案された事業所が合わないと感じたなら別の事業所を紹介してもらうことも可能です。


利用者と家族が安心して利用できることが一番なので何か所か見学してみるのも一つの手です。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)費用はどれくらい?

自己負担(1)介護老人保健施設の場合額(部屋のタイプ別)

要介護1

従来型個室:753円/日

多床室:826円/日

ユニット型個室:832円/日

ユニット型個室的多床室:832円/日


要介護2

従来型個室:798円/日

多床室:874円/日

ユニット型個室:877円/日

ユニット型個室的多床室:877円/日


要介護3

従来型個室:859円/日

多床室:935円/日

ユニット型個室:939円/日

ユニット型個室的多床室:939円/日


要介護4

従来型個室:911円/日

多床室:986円/日

ユニット型個室:992円/日

ユニット型個室的多床室:992円/日


要介護5

従来型個室:962円/日

多床室:1,0396円/日

ユニット型個室:1,043円/日

ユニット型個室的多床室:1,043円/日


※厚生労働省「介護報酬の算定構造」(平成30年4月現在)に基づいて計算しています。

※上記はあくまでも目安の金額ですので、費用は時間帯や地域の区分なおによって異なります。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のメリットデメリット

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のメリット

・専門のスタッフがいるので、安心して家族も休息を取ることができます。


・利用者も食事や入浴などの心配もなく、周囲の仲間とおしゃべりやレクレーションを楽しみ、他の方と交流もできるので孤独感を感じることなく過ごすことができます。


・機能訓練を行う専門のスタッフもいるので、滞在時にリハビリテーションも受けることができます。


短期入所療養介護(医療型ショートステイ)のデメリット

・安心して任せられる場所とはいえ、生活の場がガラッと変わることで落ち着かず眠れなくなってしまったり、混乱してしまったり、認知症が進んでしまうケースもあります。


・ショートステイは大変人気のあるサービスのため、1ヶ月先まで予約が入っているという施設がほとんどです。

利用したいときにすぐ利用できない時もあるので予定がわかったら前もって予約しておきましょう。


※緊急時にどうしても利用したい場合はケアマネジャーに相談しましょう。

このサービスを使いすぎると限度額いっぱいになってしまうので、他のサービスとのバランスを考えながらうまく活用してください。

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)の選び方

・施設を見学

・施設内(トイレ、居室)は綺麗か

・利用者とスタッフのやりとりは丁寧か

・利用者に合わせた食事形態や食事介助をしているか

・利用者に必要なケアができる施設か など


ショートステイを選ぶ時は利用者や家族が安心して利用できると思える所を選ぶことが大切です。


実際に見学しておくことで、より安心して利用することができます。


何度も利用する可能性が高いサービスなのでケアマネジャーからの話を聞くだけでなく、地域の利用者からも情報を集めてください。


認知症の症状がある場合は、ケアマネジャーを通してどのような症状があるのかを施設やスタッフで把握してもらうよう伝えておきましょう。

まとめ

短期入所療養介護(医療型ショートステイ)は上手く活用すれば、介護する家族や介護される人にとっても、非常に役に立つサービスです。


介護サービスを上手く利用して、お互いが笑顔で過ごせる生活にしたいですね。

安心して利用できる施設を見つけましょう。


緊急時でショートステイを利用したいけど空きが無い場合は「有料老人ホーム」でならすぐ対応してもらえます。


介護保険外のサービスではありますが、必要な介護に不備がなければ利用したい時すぐに対応してもらえるので費用は高くなりますが介護保険にこだわらずいつでも利用できるショートステイ先として準備しておくと安心です。