コラム

配食サービスとは?メリット・デメリット、業者一覧比較のまとめ

主に高齢の方を対象に味付けや栄養バランスなどに配慮した調理済みの食事を毎日届けるのが配食サービスです。 以前は配達地域が限定されていたのですが、最近ではセブンイレブン、すかいらーく、ワタミなどの大手民間企業の参入に伴って配達網を拡大されつつあります。

配食サービスとは?出前との違いを比較

配食サービスとは、健康維持や自立生活の継続を目的としていて、全国各地の自治体やボランティア団体、民間企業などが行なっているサービスです。


介護保険の給付対象には含まれない

生活支援サービスの1種ではあるのですが、介護保険の給付対象には含まれないので、全額自己負担となりますがそれほど値段が高いわけではありません。


最近では、栄養バランスの良さに着目した出産前後の女性や、ダイエット中の人が利用するパターンも増えているだとか。


配食サービス利用者の安保確認も兼ねている

配食サービスの目的で、食事を届ける以外にも自治体が運営している配食サービスは利用者の安保確認も兼ねています。


高齢者や障害者の様子を配達時に確認して、もしも様子がいつもと違ったり配達に行っても受け取りに出てこなかった時がケアマネジャーなどに連絡がいくシステムになっている。


病気や事故で倒れてしまった状態でも早期に発見することができるので、孤独死を予防したりも出来ます。

配食サービスってどんな食事なの?

健康食をベースにした内容になっており、基本的には栄養バランスの取れたものが届けられます。それぞれの人に合った配食サービスができるので、病気で栄養制限が必要な人でもその人にあった(栄養制限に合わせた)食事を届けることも可能です。


栄養制限以外にも塩分制限が必要な心臓病の人のために、塩分を抑えた「心臓病食」低タンパクやカルシウム制限が必要な肝臓病の人のために「肝臓病食」があります。

配食サービスのメリット・デメリット

配食サービスのメリット

配食サービスの一番のメリットは、食事の心配をしなくて済むことです。

毎日食べるからこそ、栄養のことも気にしなければなりませんが、誰しもが料理のレパートリーが豊富な訳ではありません。


現に、今日の作るご飯を決めていたとしても、明日のご飯やそのまた次の日のご飯まですでに思いついていますか?

そう考えると食事を家まで届けてくれることはとても魅力的です。


また、毎日配食サービスの人が利用者の顔を見て直接食事を渡すことになっているので、安否の確認も同時に行うことが出来て一石二鳥です。


配食サービスのデメリット

人の味覚は歳を重ねるごとに衰えます。

そのため、より味の濃い、甘い、酸っぱいと味のはっきりしたものを好むようになるので、サービスを使い始めた時は「味が薄くて美味しくない」と思う人がほとんどです。


ですが、健康を維持するためにはカロリーを取り過ぎないことが何よりも大切で、味付けも継続することで少しずつ慣れていくはずです。


サービス最初に「美味しくない」と判断して中断をせず、騙されさと思って少し継続してみることを勧めます。

配食サービスの一覧比較

厳選した配食サービス11社を簡単にお伝えしていきます。

ぜひここで比較してみて、自分にあった配食サービスを選んでください。

まごころ弁当/配食ふれ愛

高齢者向け宅配サービスとして店舗数が業界No1のチェーン店。

自社工場で製造した調理済みのおかずを容器に詰めて配達してくれます。

管理栄養士と共同開発の健康的なメニューなので、飽きることもないです。

ニコニコキッチン

ニコニコキッチンでは、「宅配配食」「買取代行」という独自のサービスを高齢者の方々に提供しています。

大手には真似できない個別対応と利便性を追求しています

宅配クック123

高齢者の自宅へ健康と安心をお届けする高齢者専門の宅配弁当屋です。


全国250以上の市町村の配食サービスを受託していたり、各地域で厚い信頼を得ており、弁当を配達するという概念ではなく、「お客様に会いにいく」という活動をしているので、普段の食事と感じてもらえるサービスや食材開発を徹底しています。

えん配食サービス

国内で無添加・無農薬・低農薬の安心安全な食材を使用して高齢者向けの配食サービスを行なっています。

100%自社工場で手作りされた作りたての食事をチルド状態で各店舗に速やかに配送されるのでより一層安心できます。

ウェルネスダイニング

ダイエット、塩分制限、糖質制限したいなど悩みに合わせて6種類のコースの中から自分の状態にあったコースを選ぶことができます。

初めて食事宅配サービスを利用する人にはうってつけの宅配サービスです。


ちなみに、コースは以下の

・健康応援コース

・カロリー制限(240kcal)コース

・塩分制限(2g以下)コース

・タンパク(10g以下)&塩分制限コース

・糖質制限(15g)コース

・(厳選)栄養バランス気配りコース

となっています。

わんまいる

自分一人分のご飯を作るのは大変で、つい外食に頼ってしまうという方にオススメなサービス。

ご飯・汁物付きで600kcal以内と配食サービスの中では比較的にカロリー設定は高めになってるのが特徴です。

食宅便

忙しくて外食が多い、しかしできるだけ健康に気を遣いたいあなたにぴったりなのがこちらの「食宅便」です。

リーズナブルなのに平均300kcal程度で、塩分や脂質などのバランスもよく調整してくれています。


美健倶楽部

ご飯が付いて400kcalピッタリなのがこちらの特徴です。

塩分制限あるので、味付けも控えめとなっています。

ニチレイフーズダイレクト

常温保存できる低たんぱくラーメンなどバラエティ豊富です。

タンパク質や塩分量を抑えた弁当が7色セットを単発で購入できるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょう。

メイプルフーズ

和洋中の70種類以上の豊富な夕食セットがなんと、ご飯も付いて400kcalに抑えられています。

頑張りすぎないダイエットにおすすめで、素材や品質が高いので、口コミでも美味しいと評判です。

配食サービスは介護保険が使えるのか?

配食サービスは介護保険サービスに含まれないため、介護保険は使えません。

ですが、市町村によっては介護保険特別給付に位置付けられた配食サービスがあるため、

特別給付を利用してサービスを受けられることもあります。



配食サービスを利用するには

自治体のサービスと民間業者のサービスでは利用方法が異なるので、それぞれわかりやすく説明していきます。


自治体のサービス

主に「市町村役場や、地域包括支援センター」などが窓口になっていることが多いです。


これは、安否確認を兼ねているのでサービス利用の条件に該当するかどうかの確認や、

介護保険サービスを利用している場合は担当のケアマネジャーなどと連絡をしたりするためです。無事にサービス利用が決定すれば指定された日時に食事が届けられるようになります。


用事などで留守にする時は必ず事前に業者へ連絡して不在になる旨を伝えておかなければ、「連絡がつかない」と関係者に連絡されて大ごとになってしまいます。


民間業者のサービス

民間業者の場合は、直接業者と連絡をとって契約をすることで、契約通りの配達を受けることができます。


担当ケアマネジャーなどに連絡する必要は基本的にはありませんが、費用はこちらの方が高いことがほとんどなので、注意が必要です。


自治体も民間業者もサービス利用の前に試食ができるところがあるので、色々な業者と比較してみたい場合は相談してみてください。

配食サービスのまとめ

食事は生活に欠かすことのできないことです。

仕事などが忙しくて外食することが多いのであれば、外食するよりも比較的に安いのと、健康管理にも気を遣うことができるので、配食サービスを試してみるのも考えてみてください。


また、作るのが困難な高齢な方ならまずは担当のケアマネジャーに相談することを勧めます。


食は毎日のエネルギーの源なので、配食サービスを利用することも選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。