コラム

介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)とは?デイケアと何が違う?

身の回りのことは極力自分でやりたい!できるなら介護状態になりたくない!と多くの方が思っていることでしょう。自宅にいながらも、プロの手を借りながらも日常生活を送り、介護者にならないような予防を行いたい方にぴったりなのが『介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)』です。どんなことをするの?どのくらい料金はかかるの?といった疑問を解消し、積極的に利用してみましょう。

介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)とは?

介護予防通所リハビリステーション(予防デイケア)とは、『要介護』ではなく、要支援1、2の認定を受けた人が利用出来る施設のことです。


理学療法や、作業療法のリハビリテーションを日常生活の自立支援をするために行います。

また、個別に必要な運動機能改善や栄養改善、口膣機能改善も合わせて行います。

すべては介護の予防を目的として行われるものです。



通所リハビリテーション(デイケア)との違いは?


似たようなサービスで、通所リハビリテーション(デイケア)というものがあります。


これは、利用者の身体機能維持や回復、認知機能の改善、日常生活の回復を目的として行うものです。医師の指導を元に、理学療法や作業療法、言語療法などを行うものです。


このサービスは、要介護1〜5の認定がなければ利用することはできません。

どちらも、在宅で生活をするための自立支援、というものですが通所リハビリテーション(デイケア)は要介護者の自立支援、介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)は要支援者が要介護者にならないための支援です。



介護予防通所リハビリテーションはどんなことをするの?


予防介護通所リハビリテーションでは大きく2つの訓練、指導を行います。


⒈身体機能


筋力や体力の維持、自主トレーニングの指導、関節拘縮の予防


⒉日常生活


寝返りや起き上がりなどの基本動作訓練、室内や屋外の歩行練習、階段の昇降や入浴、排泄などの日常生活動作訓練

通所してもらいながら、こういった訓練の元リハビリテーションを行います。

介護予防通所リハビリテーションを利用するメリット

介護予防通所リハビリテーションを利用することで得られるものはたくさんあります。ここでは介護予防通所リハビリテーションのメリットをご紹介します。


メリット1 訓練士によるプロのリハビリテーションをうけられる!


リハビリテーションは、機能回復だけでなく、一人の人間として自立した社会生活を送れるようにするものです。

素人ではなく、プロの行う機能回復支援を受けることで、身体機能維持に大いに役立ちます。



メリット2 生活リズムが安定する!


要支援状態であれば、なんとか自力で生活ができます。その中で外出し、リハビリテーションを受けるというリズムができることで生活にハリが生まれ心の安定にもつながります。

そしてそれは生活リズムを整え、心身の健康へとつながります。



メリット3 リハビリテーション効果の評価を受けることができる!


作業療法士や理学療法士、言語聴覚士などの専門家から生活機能訓練を定期的に受けることで、より効果的なリハビリテーションを受けることができます。

そしてその上での評価を受けることができます。


取り組む意識の向上二つながり、結果が可視化されることにより周りで支える家族のモチベーションにもなり、安心につながります。

リハビリテーションを受ける、ということに抵抗を示す方は少なくはありません。

しかし、介護予防通所リハビリテーションを利用することで、現れる効果や生活していく上での変化を感じられると、楽しさを見出せるようになります。

介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)の対象者

介護予防通所リハビリテーションの対象者は、要支援1または要支援2の認定を受けた人が利用できるサービスです。



要支援1

・掃除や家事、調理など身の回りのことをする時に見守りや手助けなど、何らかの介助を必要とする。

・立ち上がる時や立ったままの体勢を維持する時など、複雑な動作をする時に何らかの支えを必要とすることがある。

・排泄や食事は、ほとんど自分でできる。



要支援2

・身だしなみを整えたり掃除をしたり、身の回りのことをする時に、見守りや手助けなどの介助を必要とする。

・立ち上がる時や立ったままの体勢を維持する時など、複雑な動作をする時に何らかの支えを必要とすることがある。

・歩行時、何らかの支えを必要とすることがある。

・排泄や食事は、ほとんど自分でできる。


上記のような、『人の手を借りなくてもなんとか自力で生活出来る状態の人』が受けることができます。


要介護になってくると、身の回りのことをしたり立ち上がったりするには見守りや手助けを必要とし、混乱や理解低下が見られるようになってきます。


要支援では現在は介護の必要はないものの、将来的に要介護状態になる可能性があるので早い段階で支援をしていこうというサービスです。


年齢とともに、どうしても心身ともに弱ってはきますが適切なサポートを適切に受けることで機能維持が可能となります。

介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)を受けるには?

介護予防通所リハビリテーションを受けるための流れを見てみましょう。


①担当ケアマネージャーに連絡

担当のケアマネージャーに、利用の意思があることを相談します。

そこでヒアリングを経たのちに申し込みとなります。


②主治医に『診療情報提供書』を依頼する

主治医に診療情報提供書を書いてもらうように依頼します。

これは、他の医療機関を受診する時に、それまで担当していた医師が患者さんを他機関に紹介するにあたって発行するものです。

これまでの症状や治療、診断結果をまとめてあり、診療情報がそのまま引き継がれるので、改めて同じ検査や診断をする必要がなくなります。



③事業所に連絡、契約

利用を検討している事業所に連絡し、申し込み契約を行います。

事業所は家の近所や友人の紹介、携わる人の良し悪しなど判断するポイントはたくさんありますが大切な体をゆだねる相手です。

希望条件にしっかり会う場所を選びましょう。



④担当医師との面談

診療情報提供書をもとに、担当医師との面談を行います。

そこで健康状態や今後のリハビリの相談、方向性も話し合います。


⑤通所リハビリテーション計画書作成

面談や診療情報計画書の内容をもとに、通所リハビリテーション計画書を作成します。

これはケアマネージャーがリハビリテーションの目標や、その目標を達成するための具体的なサービスを記入したものです。

この計画書をもとにリハビリテーションのプログラムを立てて、利用が始まります。

このような流れで、利用開始となります。

いずれにしろ、たくさんの人が関わって行われるものです。

ケアマネージャー、医師それぞれとしっかりとコミュニケーションをとりながら、必要なプログラムを受けられるようにしていきましょう。

介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)の料金・費用は?

介護予防通所リハビリテーションは、介護保険を利用できます。


自己負担が何割かに寄って料金が変わってきますが平成30年に改正され、要支援1、要支援2の方それぞれの月額の利用料は以下のようになっています。



要支援1

基本単位:1,712単位

1割負担:1,863円

2割負担:3,726円

3割負担:5,588円




要支援2

基本単位:3,615単位

1割負担:3,934円

2割負担:7,867円

3割負担:11,800円

※1日あたりの料金は、1単位10,88円という計算です。

加算サービスについて

身体機能回復や、日常生活を送るための訓練など、通常行っているサービスに加え、より一人ひとりに寄り添ったサービスを加えることができます。


これらの機能改善や利用サービスを加算されることで、料金は変わってきます。

ここでも、要支援1か2かによって、料金は異なってきます。

おやつや食事などの食費は、利用施設によって若干異なるようです。



サービス提供体制強化加算1

単位:72

金額:80円(月あたり)

介護福祉士60%以上配置 (要支援1)



サービス提供体制強化加算2

単位:144

金額:160円(月あたり)

介護福祉士60%以上配置 (要支援2)


介護職員の総数のうち、介護福祉士の割合が50%を超えてくると加算されるサービスです。介護福祉士というより専門性の高い人に携わってもらうことで、安心して介護予防通所リハビリテーションを利用することができます。



運動機能向上加算

単位:225

金額:250円(月あたり)


理学療法士、介護職員、生活相談員や関係者共同で運動機能向上計画を作成し、運動器の向上を目的とした一人ひとりにあったサービスです。

要支援者が要介護者になることを予防する目的で行われます。



栄養改善加算

単位:150

金額:167円(月あたり)


低栄養状態にある利用者や、その恐れのある利用者に対して栄養改善を行うものです。一人ひとりにあった食事指導や栄養管理、食事相談を行い、利用者の心身状態を健康なものに近づけていくものです。

医師、管理栄養士の指導の元で摂食状況や嚥下機能状態を元に栄養ケアプランを立てて行います。



口膣機能向上加算

単位:150

金額:167円(月あたり)

口膣機能が低下している利用者や、その恐れのある利用者に対して、口膣機能向上を目的として行います。口膣清掃の指導を行ったり、摂食や嚥下機能に関する訓練を行ったりと、一人ひとりにあった指導を行います。

言語聴覚士や歯科衛生士、看護職員の指導の元で行われます。

体の状態は人それぞれで、必要としているサービスも違います。

サービスを加算することで、利用料金が上がってくるかもしれませんが、心身を健康な状態を保つため、要介護になる可能性を食い止めるためには必要な選択である場合もあります。料金だけで判断せず、予防するために必要なことという認識で利用するようにしましょう。

介護予防通所リハビリテーション(予防デイケア)を利用してみよう!

介護予防通所リハビリテーションを利用することで、要介護者になる可能性をできるだけ遠ざけ、自力での生活を行いやすくすることができます。

それは利用者だけでなく、その家族や取り巻く人にも大きなメリットがあります。


身体機能の改善や気分のリフレッシュ、心身の安定など効果的に現れます。

うまく取り入れて、自立支援に役立てていきましょう。